what’s new

2019-08-10 / ずっと待ってた

こんにちはこんにちは、ほぼ月刊ですら更新できていないブログ、8月号をお届けいたします。

 

■『天国飯と地獄耳』電子書籍ようやく発売!

読んで字のごとくですよ! 紙版書籍の刊行からじつに1年以上、『天国飯と地獄耳』、キノブックスが新たにスタートさせた電子書籍ラインナップのトップバッターに加えていただきました。私も普段はほとんどKindleで読書するようになってしまったので、既刊の中で唯一、電子版が出ていないこの本のことがずっと気になっていた。担当編集者とやりとりするたびに毎度しつこく「電子版……(恨)」と言い続けていたのが、やっと実を結びました。筆者もうダメかと思っていたよ。でも水面下で頑張ってくれていたのだよ。本当に、本当にありがとうございます。8月8日発売です。

 

蓋を開けてみると、今までの著作の中でもとくに、電子版を出す意味がとても強いタイトルだと思います。何しろ、前半が東京、後半がニューヨーク、私がアメリカへ転居する時期を挟んで書かれた初めての本ですから。海外在住の日本語読者にこそ気軽に読んでもらいたい、こちらで知り合った友人知人には、まっさきに渡したいと思う本、だったのです。

日本に住んでるみんなたちはご存じないかもしれないが、日本語の紙の本、外国で買おうとすると高ッッッッかいんだよ! こちらにおいては日本語書籍が「洋書(Foreign Books)」だからね。もちろん「物理」の本を買っていただけるのは大変有難いのですが……関税も輸送代もかからず気軽にポチって読める本が、ようやく、出たよーーー! よろしくお願いいたします!

 

■もろもろリイシュー予定

そしてそして、これだけではありません、正式な情報解禁はもう少しだけ先になりますが、今後も岡田育の好評既刊、新しい形態での刊行が続きます。一つは、初めての単著の文庫化! もう一つは、これまた初めての、海外翻訳出版! いずれも一冊目の本を出した5年前には、夢のまた夢とも思えるような響きの言葉だったもの、少しずつ準備を始めています。改めてご報告いたしますので楽しみにお待ちください。そうしてもう一つ、秋以降にこれまた新しい挑戦をする予定。がんばる、がんばるよ……。

 

■この夏のおすすめ

もう一つ告知、青山ブックセンター本店の夏フェア「160人がこの夏おすすめする一冊 2019」に参加しています。大きなフェア棚が展開されて、タブロイド判もものすごい熱量です、夏休みに東京へいらっしゃる方は是非、足をお運びください。私も9月に棚を見に行けたらいいなと思っています。

青山ブックセンター本店では、夏の恒例のブックフェア「160人が選ぶ、この夏おすすめする一冊 2019」を、2019年8月8日(木)から今年も開催をいたします。


作家、漫画家、編集者、翻訳家といった本に関わる皆様をはじめ、実業家、美術家、建築家、写真家、イラストレータなどの様々なジャンルの方々から「 この夏おすすめする一冊 」をテーマに、2017年までは「100人」、2018年は「140人」、そして今年は160名以上の皆様に選書をしていただけました。

入口すぐのメインフェアコーナーにて、選書をしていただいた皆さまからのコメントと一緒に大きく展開をしています。またフェア商品を2,000円以上ご購入の方に、選書していただいた皆様の全コメントを掲載したタブロイドをプレゼントしています。

ぜひ、店頭で“ 夏の一冊 ”となる本を探してみませんか?

■開催期間 2019年 8月8日 (木) ~ 2019年 9月末
■開催場所 青山ブックセンター本店
http://www.aoyamabc.jp/news/summerbook2019/

 

ちなみに私の選んだ一冊は、A・M・リンドバーグ『海からの贈物』。新潮文庫版で手元にありますが、こちらは電子書籍が、出ていないのだなー、残念。とてもよい本なので、是非とも「物理で」手に持って、海辺で、川辺で、はたまた冷房のキンキンに効いた室内で、たったひとりで、読んでみていただければと思います。私も『40歳までにコレをやめる』執筆中に何度も読み返したものです。あの本を気に入っていただけた方には、胸を張っておすすめしますし、こんな世の中だからこそ、女の人だけでなく、男の人にも読んでいただきたいと思っているよ。

日本の夏は今年もはちゃめちゃに暑いようですね、皆様どうぞお身体にはお気をつけて。という挨拶で、こいつ秋まで続きを書かない気だな、と思ったでしょう……いやいや、また書きますよ、きっと、何かね。それまでは、よい夏をお過ごしください。

2019-07-13 / きっと知ってる

大変ご無沙汰しております、日記です。日記……とは……? という感じですが今に始まった話ではないのでご容赦ください。5ヶ月以上も放置するって我ながらすごいね。もちろんその間もTwitterやInstagramは廃人になりかけるほどの頻度で更新していたわけですが。皆さんはもうGutenbergに慣れましたか? 私はさっぱりです。

さて、この間にもいろいろな出来事がありましたので、得意のダイジェストで振り返ってみたいと思います。

■とうとう新刊が出ました

新刊『40歳までにコレをやめる』が発売となりました。「大手小町」の人気連載(と編集部に毎回書いてもらえるのが地味に嬉しかった)に大幅加筆、書き下ろし章なども含めた圧巻256ページとなっております。私にとって「20代の宿題」は学費ローンの完済で、34歳までの返済計画を立てていたのを29歳で払い終えました。そして「30代の宿題」は、この本です。32歳で最初のエッセイ執筆依頼を受けてからずっと、なぜか需要の赴くがまま、「自分のことを語る」スタイルで物を書いてきましたが、その集大成と呼んでいいと思います。たぶんもう二度とこんな本は書かないんじゃないか、と感じるような一冊になりました。是非、お手にとっていただければと思います。

6月には東京出張して著者インタビューはじめ各媒体の取材をたくさん受けました。以下、「what’s new」からのコピペですが、その「what’s new」もついさっき5ヶ月ぶりに更新したからな、初耳だよって方のほうが多いはず、併せてご覧いただければ幸いです。

■あれこれ連載が始まりました

まずは『40歳までにコレをやめる』でも大変お世話になった「大手小町」で、隔週の新連載「気になるフツウの女たち」がスタートしています。どこかに明言しているわけではないけれど、これは『天国飯と地獄耳』 の続編のような位置付けです。ルールは「見ず知らずの女性を通りすがりに観察して、いっさい答え合わせ的な行為をせずに、妄想だけでその人となりについて書く」というもの。「人を見かけだけで判断する」なんて、なんと失礼な奴だ、と思われるかもしれませんが、「その人なりのスタイルや魅力を、視覚情報だけで言祝ぐ」というのは、私としては安直なルッキズムへのアンチテーゼのつもりです。

また、青山メインランドが運営していたオウンドメディア「ナポレオン」でのお金にまつわる連載「そのかねを」 は、サイト閉鎖に伴い6月末までで終了となりました。ほぼ週刊で、だいぶ好き勝手に書かせていただいたコラムが、結構たくさん溜まっています。秋頃には閲覧できなくなってしまうそうですが、転載許可をいただいているので、どこかで続きを書けたりするといいなぁと思っております。ここでnoteか……。

そう、もう一つ、連載するよと意気込んでいたnoteの月額課金マガジン「夜半の月極」については、思うところあってお休みさせていただくことにしました。やっぱり、紙媒体以外のクローズドなところへ何か書くというのは、うまく続けられないものですね……。大好きな高野寛さんの例のやばい連載のような活用っぷりを見るだに、向いてねえ、向いてねえよ私、とどんどんモチベーションが下がっていってしまった。今後また編成を見直して、シリーズ「wkgk」のような「過去に書いたものの再掲」を中心に、ラインナップを組み直したいと思います。

そしてもう一つの大型新連載、集英社の月刊文芸誌『すばる』で「我は、おばさん」がスタートしました。こちらが 紙面の様子 、コンセプトを説明するよりも読んでいただくのが早いかと思います、私なりの「おばさん宣言」です。月刊誌連載という意味では『天国飯と地獄耳』以来ですが、一回の枚数は数倍ですし、かかるコストも未曾有、自分史上最大級の大型連載となっております。『40歳までにコレをやめる』のその先へ、ということで、いま苦吟しているこの原稿が、40代をどう生きるかの最初の道標になってくれるといいなぁと願いつつ、天の星々のような先輩「おばさん」たちについて思いを馳せる毎日です。

■あちこち旅をしています

1月末に日本一時帰国して、5月下旬からまた日本一時帰国していました。だって推しミュージカル俳優こと俺の俺たちの石川禅が北九州で『笑う男』日本初演に出ていたので……あとカーネーションと高橋徹也のツーマンライブもあったので……。気がついたら手が勝手に家族マイルを消費していた。いや、嘘です、新刊のね、新刊のプロモーションに行ったという話ですよ。

ものすごく久しぶりに京都にも行けて嬉しかったな。あまりにも弾丸すぎて、書店周りして、レイチェルソーンさんと学食ランチして、いしいしんじさんとすっぽん食べて、丹所千佳さんと蛍を見たという以外の記憶が飛んでいるけど。でも、あんなに何度も訪れている街なのにどこへ行っても初訪問だというのが、奥深くおそろしく嬉しく恥ずかしく、不思議な気持ちでした。

ついでに6月上旬にはシンガポールにも行ってきました。楽しかったなぁ。今住んでいるニューヨークからはアジア圏はとても遠いので、日本一時帰国にくっつけてあちこち回るのがよさそうです。昨年まではベトナムや台湾へ行っていたけど、シンガポールといえば俺の俺たちの王子様ことディックリーの聖地。巡礼してきましたよ、いろいろと。日本文化との親和性が大変高く、住環境的には「ほぼ日本」というノリで生活できて、それであれだけ他の条件が好いのなら、そりゃあ移住して子供をこちらの学校へやろうという人が出てくるのも頷ける。でもちょっと難しさも感じたりして、ここをユートピアと見做すことは私にはできないかもしれないなと思った。百聞は一見に如かず。

7月にはドイツ・ベルリンにも行ってきました。こちらも楽しかったよなぁ。ベルリンの地図はばっちり頭に入り、ドイツの地理感覚も少しは培われたので、また何度でも行きたい。シンガポールとベルリン、昨秋パリで試した「短期集中で観光するのではなく、合間に働きながら長めに逗留する」形式を採用してみたのだが、これが結構、性に合っているようでした。どのみち自宅にいても日本の仕事相手とは時差があるし、アメリカの仕事のほうも、同僚が時差のある西海岸などからリモートワークしていたりする。だったら別に、ニューヨーク以外の場所にいてもいいんだよな。と思い至って、新しい旅の形態を模索しているところです。

シンガポールに5日、ベルリンには復路便欠航もあって9日くらい滞在して、これは、それぞれの市内の観光名所をぐるりと見て回るのに必要な日数の、だいたい倍くらいかと思う。詰め込み型の旅が好きな人たちからは「そんなに長く一箇所に留まって、他にどこにも行かなかったの!? マレーシアとか、ゲーテ街道とか、いくらでも足を伸ばせるのにもったいない!」と驚かれるのだが、私はむしろ「平日昼間に淡々と仕事して、アフターファイブは初めて訪れる街で酒が飲める、最高では?」という感じで、ホテルのラウンジとかコーヒーショップとかでPCを広げているのが嫌いじゃない。どっちが優雅でどっちが野暮か、どっちがリーズナブルでどっちがもったいないかは、永遠の謎だし、人それぞれじゃないかなと思う。

私は根が貧乏性なので、ガチの旅行をしようとするとあれもこれもと予定を詰め込んで「観光貧乏」になってしまいがち。そうすると帰宅してからドッと疲れて、旅行日程と同じくらいの日数を、現実に戻るための体力回復に使う羽目になったりする。あんまり人の世話になると緊張が解けないし、リゾートへ行くと頭のネジが緩みすぎちゃうし、いい塩梅を探すのが難しかった。半分のエネルギーで倍滞在して、夫と一緒に出かけたり、独りの時間を楽しんだり、がっつり観光したり、宿でゴロゴロしたり、働いたり、というのが今のところはいいみたいだ。そういえば去年の冬に行ったマイアミもそんな旅でしたね。

9月にはまた東京へ行きます。だって推しミュージカル俳優こと俺の俺たちの石川禅が、初のテレビドラマレギュラーとして現在はTBS日曜劇場『ノーサイドゲーム』出演中の石川禅が(しつこい)、5回目のソロコンサートを、開催するので……。そして津田大介芸術監督の「あいちトリエンナーレ」も観に行く予定です。いやぁ、旅すれば旅するほどマイルが溜まるって、素晴らしいことですよね。

■きっと知ってる

以上、TwitterとInstagramを見てくださっている方たちなら、きっとみんな知ってることばかりでしょう。この「きっと知ってる」を前提に、何か新しいことを更新し続けるモチベーションって、なかなか続かないですよね。引き続き、日常的なことはSNSでつぶやいていくつもりです。ここの扱いをどうしようかなぁ、過去記事の再掲をして一覧性を高めたい気もするし、一方で、この開店休業中の様子が自分らしい気もしているし。

取り急ぎ、ずっと愛用していた「はてなグループ」終了のお知らせが悲しくて悲しくてやりきれないなか、「はてなダイアリー」ともども大量のログの中からこちらへ転載できるものを見繕っていきたいと思います。同じコンテンツの墓場なら、自分の手元で管理できたほうがよい。これだってもう十数年前からいろいろなブロガーに教え諭されてきたことなんですけどね。わかっていても、知ってても、「やる」のが難しいことって、あるんだよ。もうちょっと考えます。ではまた。

単行本書籍『40歳までにコレをやめる』

『大手小町』で連載していたエッセイ『40歳までにコレをやめる』が単行本になりました。四冊目の単著です。

40歳までにコレをやめる

私たちは、大人になるにつれて
「やるべきだ」「せねばならない」
といった文句に脅かされすぎてはいないだろうか――。
「やめる」ことは、逃げでもなんでもない。
それをやらなくたって、死にゃあしない。
自分なりの「しないこと」を考えてみれば、
人生はきっともっとラクに、自由になる。

現在39歳の人気文筆家が、
40歳までに「やめること」を綴った
等身大エッセイ!

書題 40歳までにコレをやめる
英題 What I’ve Quit Before 40
著者 岡田育
発売日 2019年5月27日
出版社 サンマーク出版
仕様 四六判ソフトカバー
価格 1500円+税
装幀 佐藤亜沙美
装画 一乗ひかる
ISBN-10 4763137603
ISBN-13 978-4763137609
紙書籍 https://www.amazon.co.jp/dp/4763137603/
電子書籍 https://www.amazon.co.jp/dp/B07SKV7V8K/

さようなら、Google+

「Google+」がサービス終了するというのでアーカイブを保存してみました。そんなに真面目に使っていたわけではないけど、こんな機会でもなければログを読み返したり、ましてや公開したりもしないだろうから、以下に貼りつけておきます。一般公開のものも、限定公開だったものもあるけど、まぁ無礼講ということで。逐語コピペではなく、他の方とのやりとりなどで読みづらくなっている箇所は事後編集しました。

自分用メモなので全部を読む必要はまったくないのですが、2011年7月から、たったの二ヶ月程度で使うのをやめてしまったことがよくわかります。一周年とか何とか言われて書き込んだのが最後になっていますね。

そして、延々と書いているのは「会社員として仕事で使う実名で、SNSをしたくない」「Googleという、信用残高を預け、そのぶん弱みも握られている巨大企業に、リアルの自分とネットの自分とを勝手に紐づけられたくない」「Googleのことは憎からず思うけど、これは、私が理想とするインターネット空間ではない」というような愚痴。こりゃ長続きしないなぁ、と思います。

(さらに…)

アンソロジー『酒呑みに与ふる書』

キノブックス刊行の「作家と酒」をテーマにした文芸アンソロジー、『酒呑みに与ふる書』に参加しました。単行本『天国飯と地獄耳』より、エッセイ「昼下がりの鮨屋で突然に」を収録しています。表紙にも文中からの引用「おや、昼酒ですか、結構ですなぁ。」が躍っています。古今東西、錚々たる顔触れとともに「無礼講」の酒宴の末席に加えさせていただいた気分です。

作家と酒 陶酔と覚醒の45篇!

【収録作家】(収録順) マラルメ、渡邊守章(訳)、村上春樹、川上未映子、角田光代、小池真理子、いしいしんじ、田村隆一、木山捷平、中島らも、谷崎潤一郎、森澄雄、岡田育、安西水丸、草野心平、菊地信義、夏目漱石、室生犀星、菊地成孔、藤子不二雄A、内田樹、鷲田清一、ボードレール、井上究一郎(訳)、堀口大學、江戸川乱歩、佐藤春夫、井伏鱒二、吉行淳之介、開高健、伊集院静、北方謙三、松浦寿輝、古井由吉、島田雅彦、吉井勇、大伴旅人、折口信夫(訳)、松尾芭蕉、佐伯一麦、福田和也、水上瀧太郎、吉田健一、丸谷才一、中村稔、大岡信、筒井康隆、ヴァレリー、中井久夫(訳)

書題 酒呑みに与ふる書
英題
編者 キノブックス
発売日 2019年1月29日
出版社 キノブックス
仕様 四六判ソフトカバー
価格 1500円+税
装幀 小口翔平+岩永香穂(tobufune)
装画
ISBN-10 4909689273
ISBN-13 978-4-909689-27-6
紙書籍 https://www.amazon.co.jp/dp/4909689273/
電子書籍