Menu

okadaic.net

文筆家・岡田育の近況と日記。

活動履歴(2018年)*

書籍

  • 2017-12-21 共著『オトコのカラダはキモチいい』(角川文庫)が刊行されました。初の文庫化です。
  • 2018-06-02 三冊目の単著『天国飯と地獄耳』刊行。書誌情報はこちら。出版社のサイトはこちら
  • キノノキ連載「天国飯と地獄耳」

  • 2018-01-26 第11回「お代は見てのお帰り、か?」
  • 2018-02-26 最終回「多言語都市の蕎麦湯の深淵」
  • OTEKOMACHI(大手小町)連載「40歳までにコレをやめる」

  • 2018-01-16 新連載開始、取材記事。 → 「世の中にはやらなくてもいいことが多い」
  • 2018-01-16 第1回「「ていねいな暮らし」できない自分に罪悪感」
  • 2018-01-19 第2回「お酌されるより、自分のペースで飲むほうがおいしい」
  • 2018-01-23 第3回「大人になって「頭割り精算」が面倒になったワケ」
  • 2018-01-30 第4回「年齢を数えなくなった「アラサー」時代に恐れていたこと」
  • 2018-02-06 第5回「40歳は「折り返し」?平均年齢では語れないこと」
  • 2018-02-13 第6回「なぜ嫌いな人にまで……「目上には敬語」の違和感」
  • 2018-02-20 第7回「言葉遣いで迷わない、敬語を使わず不遜に生きる理由」
  • 2018-02-27 第8回「「すみません」の多用に疑問…「ありがとう」に置き換えよう」
  • 2018-03-06 第9回「「車はもう運転しない」決意の裏の後ろめたさ」
  • 2018-03-13 第10回「運転せずに生きられる……クルマの「義務」から解放される日」
  • 2018-03-20 第11回「「お悔やみ」の機会は増えるけれど……喪服を手放したワケ」
  • 2018-03-27 第12回「冠婚葬祭マナー「満点」じゃなくちゃダメですか?」
  • 2018-04-03 第13回「ハイヒールを脱いでわかった「等身大」の自分」
  • 2018-04-10 第14回「ペットボトルがぶ飲み女子に見た「やめる」合理性」
  • 2018-04-17 第15回「下着の上下そろえる手間を省くための「自分を許す勇気」」
  • 2018-04-22 第16回「女性の価値を決めるのはブランドもののバッグではない」
  • 2018-05-01 第17回「あこがれの人が「しないこと」をまねる」
  • 2018-05-08 第18回「プチ・ファッション断食のすすめ」
  • 2018-05-15 第19回「意志が弱くても身につけられる早起き習慣」
  • 2018-05-22 第20回「結果にコミットするための「最後のダイエット」」
  • 2018-05-29 第21回「暴飲暴食の過ち……満たされないのは「胃袋」か「魂」か」
  • 2018-06-05 第22回「女を“足し算”しない、ありのままの生き方」
  • 2018-06-12 第23回「朝メイクに2時間…化粧の「鎧」を着るのはハンデか?」
  • 2018-06-19 第24回「誰が奪った?化粧せず「ブス」として過ごす自由」
  • 2018-06-26 第25回「おしゃれは一点豪華主義でいい、ネイルサロンが消した劣等感」
  • 2018-07-04 第26回「ロングかショートか「女の命」のとらえ方」
  • 2018-07-10 第27回「もう迷わない…シャンプー選びで気づいたこと」
  • 2018-07-18 第28回「占いや験担ぎ「信じているフリ」をやめられない心理」
  • 2018-07-24 第29回「家計簿も不要…お金について極力考えない生き方」
  • 2018-07-31 第30回「ポイントカードをすべて破棄したのは愚かな決断か?」
  • 2018-08-07 第31回「「浪費」か「必要経費」か? ケチらずに使ったお金で得たもの」
  • 2018-08-21 第32回「「ちゃんとしすぎない」大人の流儀」
  • 2018-08-28 大手小町連載 →第33回「虚礼より実利を…アラフォー世代が挑む「礼儀改革」」
  • 2018-09-04 大手小町連載 →第34回「名刺に電話番号を載せなくなったワケ」
  • 2018-09-11 大手小町連載 →第35回「人類はなぜ時代が進んでも虚礼を繰り返すのか?」
  • 2018-09-20 大手小町連載 →第36回「「整理整頓」能力レベルに応じた暮らし方」
  • 2018-09-26 大手小町連載 →第37回「委託するのに罪悪感?「家事」という言葉に連想すること」
  • 2018-10-02 大手小町連載 →第38回「「料理をしない=家事ができない」同一視される不思議」
  • 2018-10-09 大手小町連載 →第39回「家庭に炊事を持ち込まない習慣のメリット」
  • 2018-10-16 大手小町連載 →第40回「家事は機械に任せ…お金で「何もしない時間」を得る」
  • 2018-10-24 大手小町連載 →第41回「金に糸目をつけないのに無駄遣いが減ったワケ」
  • 2018-10-31 大手小町連載 →第42回「理不尽に耐え忍ぶ「親戚づきあい」の限界」
  • cakes連載「#夫に読ませたいBL」

  • 2018-01-05 第4回「「番い」とは何かを描いた傑作——紗久楽さわ『百と卍』」
  • 2018-01-19 第5回「ゲイカップルの「日常」を描く、よしながふみ『きのう何食べた?』」
  • 2018-02-09 第6回「【速報】夫がBLを読みました」
  • 2018-02-23 第7回「美しいものを美しいまま、女子の気分で——中村明日美子『同級生』」
  • 2018-03-24 第8回「男同士の心の扉は、いくつ開いている?」
  • 2018-04-13 第9回「『あれよ星屑』が描いた、女も混ざりたい男の絆」
  • 2018-05-11 cakes連載 第10回「3Pから始まる恋もある——どつみつこ『Cutting Age』」
  • ランウェイウォーカーズ短期集中連載

  • 2018-01-08 女性向け転職サイトに寄稿。第1回「たくさん転職するのは、正しいことなのか?」
  • 2018-01-15 第2回「ちょうどいい会社に、選んでもらうためには?」
  • 2018-01-23 第3回「アクセル踏むのもいいけど、ブレーキはどうなっている?」
  • 2018-01-29 第4回「自分で自分の仕事をデザインするためには?」
  • その他の記事

  • 2018-04-23 はたらく女性の深呼吸マガジン「りっすん」寄稿。お題は「わたしの転機」。→いくつもの小さな転機が、私を「大丈夫」へと導いてくれた
  • 2018-06-06 雑誌『ダ・ヴィンチ』7月号でミュージシャンの岸田繁さんが『オトコのカラダはキモチいい』をご紹介くださいました。→カドブンで読めます
  • 2018-06-18 日経WOMANオンライン「わたしをつくった10のこと」〈前編〉掲載。
  • 2018-06-19 日経WOMANオンライン「わたしをつくった10のこと」〈後編〉掲載。
  • 2018-06-18 「ウートピ」著者インタビュー掲載。 →第一回はこちら
  • 2018-06-20 「ウートピ」著者インタビュー掲載。 →第二回はこちら
  • 2018-06-22 「ウートピ」著者インタビュー掲載。 →第三回はこちら
  • 2018-06-24 雑誌『UOMO』8月号「今月のキーパーソン」掲載。 →こんな感じ。
  • 2018-07-10 雑誌『婦人公論』7/24号「カルチャーセレクションbook」欄掲載。故郷に錦を飾った気分。
  • 2018-07-12 雑誌『FUDGE』8月号「PICK UP NEW BOOKS」掲載。→こんな感じ。
  • 2018-07-20 雑誌『madame FIGARO JAPON』9月号に『天国飯と地獄耳』書評掲載。こんな感じ。 こちらに転載。
  • 2018-07-21 雑誌『Voce』(2018年9月号(7月21日発売))の特集記事に『天国飯と地獄耳』登場。
  • 2018-07-31 「食べログマガジン」での山口博之さん「食本」連載に『天国飯と地獄耳』登場。→こちら。
  • 2018-08-06 「本がすき。」での小野美由紀さん書評に『天国飯と地獄耳』登場。→こちら。
  • 2018-09-15 雑誌『pen』2018年9月15日号に『天国飯と地獄耳』登場。
  • 解説&レビュー

  • 2018-05-09 筑摩書房「Webちくま」リレー書評欄「昨日、なに読んだ?」寄稿。→File33. 岡田育・選:リアルの書架、電子の書架、こころの書架にある本
  • 2018-08-03 雑誌『本の旅人』8月号で井上純一『キミのお金はどこに消えるのか』を書評しました。→カドブンで読めます
  • 2018-09-20 雑誌『madame FIGARO japon』11月号「友だちが案内するニューヨーク」特集、「綴じ込み付録 ニューヨーク、グルメスポット最新版。」に掲載されております。 →こんな感じ
  • イベント登壇&番組出演

  • 2018-05-27 『天国飯と地獄耳』刊行記念「待ち合わせ密売会」開催。概要と当日の様子は こちら
  • 2018-05-27 「RAAR×二村ヒトシ×レイらんの #女装と女子会 」にゲスト参加。
  • 2018-05-30 トミヤマユキコさんと「40歳までに身につけたいこと、手放したいもの」@青山ブックセンター本店。
  • 2018-06-07 マイナビニュースに5/30のイベントのレポート記事が掲載されました。→こちら
  • 2018-07-15 ウートピに5/30のイベントのレポート記事が掲載されました。→前編はこちら
  • 2018-07-15 ウートピに5/30のイベントのレポート記事が掲載されました。→後編はこちら
  • 2018-07-01 はらだ有彩さんとトークイベント「日常の中の非日常の見つけ方」@田原町「Readin’ Writin’」。
  • 2018-07-03 TBSラジオ「アフター6ジャンクション」出演。金田淳子さんと一緒に「FSS」特集。
  • 2018-07-03 TBSラジオ「アフター6ジャンクション」出演が記事になりました。TBSラジオクラウドで本編も聴けます!→こちら
  • 2018-07-06 穂村弘さんとトークイベント「言葉なんかおぼえるんじゃなかった」@下北沢「本屋B&B」。
  • 2018-07-30 ラジオNIKKEI「Biz&Tech Terminal」出演。ラジオクラウドで聴けます。→当日の様子
  • 2018-08-06 ラジオNIKKEI「Biz&Tech Terminal」出演。ラジオクラウドで聴けます。→当日の様子
  • 2018-10-17 大阪ロフトプラスワンWESTにて、岡田育×いしいしんじ「盗み聞きと妄想の悦楽」開催。→ご予約はこちらから
  • note連載

  • 2018-10-25 連載『夜半の月極』
  • 2018-01-01 連載『35歳で、ガールと呼ばれる(仮)』
  • Medium連載

  • 2018-01-01 Otaku Girl And Proud →  (OGAP-003)
  • その他

    活動履歴(2017年)

    本年もお世話になりました。怒涛の大学生活からもやっと解放されたことだし本格的に活動再開、と思っていたのですが、やはりまだまだ二足の草鞋を履きこなして一足に束ねるところまでは至らず、という一年でした。前半はデザインの仕事に追われて疲れ果て、後半は『オカキモチ』文庫化を中心として日本時間で昼夜逆転の打ち合わせをすることが増え、なかなかまとまりがつきませんでしたね。
    でも、よかったこともたくさん。英文tweetをきっかけに書いた英語記事「Otaku Girl And Proud」を結構な数の人に読んでもらえたので、今後もサボらずにMediumを続けていきたいと思います。パーソンズの教授と始めた「 #日本の漫画とファッション 」勉強会のようなことは、まだまだやっている人が少ない。今のところ一銭にもならないけど、2018年は軽く日英併記のZINEを出すくらいの活動につなげていきたいと思います。デザイン仕事の副産物も増えてきたし、とにかくモノを作って売ってみたい! という気持ち。
    『ユリイカ』の志村貴子特集では論考とは名ばかりの自分語りエッセイをたっぷり書かせていただいて、20代の頃にメインフィールドの一つだった「女子校出身こじらせ」ネタについて、なんだか憑き物が落ちたような気分です。時を同じくして、長年愛読していた「SUUMOタウン」に母校のある街・四谷について寄稿できたこと、それで2017年人気記事ランキングに載ったことも光栄でした。本当はあの三倍くらい書きたかったんだけど、またの機会に。例のマンション建設問題も年内に落着したようで何よりですね。
    一時はどうなることかと思った『オトコのカラダはキモチいい』増補完全版も無事に年内刊行されました。私にとって初めての文庫本です。共著者の連名なので、五十音順だと二村ヒトシさん扱いで「に」の棚に置かれるようです、チェックしてみてください。『ハジの多い人生』『嫁へ行くつもりじゃなかった』も、そろそろ廉価版になってもいい時期なんですが、有難いことに親本価格のままの電子書籍が今も動いてはいるので、一時代前のようには簡単に文庫版になったりはしないものなのかもしれない。というわけで、貴重な機会でした。
    来年は『天国飯と地獄耳』の書籍化が控えています。これも最初の連載開始からはおそろしく長い時間が経ちました。正月からは新連載も始まります、こちらも……企画段階から紆余曲折して五年越しくらいになるのか……? なんとか年内に着地点を見つけたいところです。大人の事情により『女の節目』の書籍化が宙ぶらりんになってしまっているのもどうにかしたいですね。
    過去に書いたものがどんどん自分の手を離れていっているように感じられる一年でもありました。生活環境の変化によって文体もずいぶん変わり、「書かないこと」のほうに意識的になる一年でもありました。エッセイストとして依頼を受けるようになって五年、「ひたすら自分自身の内面についてノンフィクションを書く」(評論やデータ分析の手法からは距離を置く)ことを厳しく自分に課していたのですが、来年はその辺りも少し柔軟に捉え直しつつ、一方で、ものすごく久しぶりにフィクションを書くことに手を出してみてもよいかな、と考えたりしております。まぁ、考えるだけならタダなんですけれども! ご意見ご感想、こんなものを書くと面白いんじゃないか、といったご提案もお待ちしております。2018年もよろしくお願いいたします!

    *  *  *

    書籍

  • 2017-12-21 二村ヒトシ・金田淳子との共著『オトコのカラダはキモチいい』が増補付録章を加えた完全版として角川文庫になりました。
  • キノノキ連載

  • 2017-03-30 『天国飯と地獄耳』が雑誌「新潮45」からキノブックス「キノノキ」へ引っ越して再開しました。
  • 2017-03-30 連載『天国飯と地獄耳』 → 第1回「無知と薀蓄とニューヨーク」
  • 2017-04-27 連載『天国飯と地獄耳』 → 第2回「尾籠な話で、恐縮ですが」
  • 2017-05-26 連載『天国飯と地獄耳』 → 第3回「他人の噂とアジアの連帯」
  • 2017-06-22 連載『天国飯と地獄耳』 → 第4回「毛皮と菜食、タブーと寛容」
  • 2017-07-27 連載『天国飯と地獄耳』 → 第5回「インフルエンサーと晩餐を」
  • 2017-08-30 連載『天国飯と地獄耳』 → 第6回「世界一おひとりさまに優しい街」
  • 2017-09-28 連載『天国飯と地獄耳』 → 第7回「頑張れ、日式ラーメン屋!」
  • 2017-10-27 連載『天国飯と地獄耳』 → 第8回「ババアはどこへ消えた?」
  • 2017-11-30 連載『天国飯と地獄耳』 → 第9回「紺碧海岸のレッドソックス」
  • 2017-12-28 連載『天国飯と地獄耳』 → 第10回「本音と建前とルールとマナー」
  • cakes連載

  • 2016-12-30 cakes『ハジの多い腐女子会』更新。2017年1月10日までの全11回。→ 「年忘れ!腐女子がオタクトレンドを振り返る——忘年会編vol.1」
  • 2017-12-08 cakesにて、新連載『#夫に読ませたいBL 〜やおいの教科書を考える〜』が始まりました。 → 第1回「眠れる「腐力」を呼び覚まそう」
  • 2017-12-15 連載『#夫に読ませたいBL 〜やおいの教科書を考える〜』 → 第2回「エッチなんて、飾りです」
  • 2017-12-15 連載『#夫に読ませたいBL 〜やおいの教科書を考える〜』 → 第3回「入門に最適、珠玉の最新短編集——雲田はるこ『ばらの森にいた頃』」
  • その他の記事

  • 2017-07-17 講談社「現代ビジネス」寄稿(オールジェンダートイレについて)→ 記事へ
  • 2017-10-28 青土社『ユリイカ』2017年11月臨時増刊号(総特集=志村貴子)寄稿
  • 2017-11-16 SUUMOタウン寄稿 → 昼はコドモ、夜はオトナのものとなる「四谷」 飲んで飲まれて歩いて帰れる街で暮らした日々
  • 解説&レビュー

  • 2017-03-30 webDICE「骰子の眼」に上記映画評が転載されています。→ 記事へ
  • 2017-04-05 映画『作家、本当のJ.T.リロイ』パンフレット寄稿
  • 2017-07-27 『本の旅人』8月号に書評を寄稿(二村ヒトシ『僕たちは愛されることを教わってきたはずだったのに』)
  • 2017-08-22 「カドブン」に下記書評が転載されています。→ 記事へ
  • note連載

  • 2017-09-18 連載『35歳で、ガールと呼ばれる(仮)』 → 第0回「35歳で、ガールと呼ばれる」
  • 2017-09-18 連載『35歳で、ガールと呼ばれる(仮)』 → 第1回「誰もがおのぼりさんになる街」
  • 2017-09-26 連載『35歳で、ガールと呼ばれる(仮)』 → 第2回「日本の私、アメリカの私」
  • 2017-10-06 連載『35歳で、ガールと呼ばれる(仮)』 → 第3回「オトナ学部に通っています」
  • 2017-11-11 連載『35歳で、ガールと呼ばれる(仮)』 → 第4回「一学期目、はじまりはじまり」
  • Medium連載

  • 2017-04-23 Otaku Girl And Proud → Defeat the true enemy, to save Princess Peach. (OGAP-002)
  • 2017-04-21 Otaku Girl And Proud → Self Introduction (OGAP-001)
  • イベント登壇&番組出演

  • 2017-11-04 「NY若手日本人勉強会」主催の第40回講演に登壇します。タイトルは「情報の整理整頓」。詳細はFBグループへ、参加登録はこちらから。
  • 2017-11-23 ニコニコ生放送「オトコのカラダ*チャンネル」出演 → 【文庫化記念特番】岡田育✕金田淳子✕二村ヒトシ*オトコのカラダ*生放送 #10
  • その他

  • 2017-05-20 前野ウルド浩太郎『バッタを倒しにアフリカへ』(光文社新書)の文中に名前が出てました。名著に名を刻めて嬉しい。
  • 2017-10-07 趣味のInstagramアカウントをもう一つ作りました。のら数字の蒐集。 → Wild Numbers
  • 活動履歴(2016年)*

    2016年の初めは渡米後半年、大学でも一学期目が終わり二学期目が始まったところ。まだまだ気が抜けない状態で、いろいろお休みしておりました。上半期は単発のお仕事を少しだけ受けたなか、署名原稿だと、古巣である中央公論新社の、退職直前まで所属していた部署から立ち上げられた新文芸誌『BOC』に書かせていただいたのが印象に残っています。あと高校生の頃からファンだった岩井俊二監督の新作に寄稿できたのも。制服着てパルコの『スワロウテイル』写真展へ行ったらナンパされた話を、とうとう書いてしまったよ! 下半期になると休載していたマイナビニュース『女の節目—人生の選択』が再開。学業との両立は正直めちゃくちゃキツかったです、執筆そのものというより、頭を日本語モードに切り替えることが。「外から見た日本について書く」「ニューヨークについて書く」という機会も増えてきました。
    ちなみに英語圏では、4/2-4/3に開催された、ソサエティオブイラストレーターズ主催「MoCCA festival 2016」(Metropolitan West)に、絵本『Tales Of Altitude (物語の標高)』を出展しました。平たく言うと「アメリカのコミティア」みたいなもので、大学が持っているブースに選抜作品として置かせてもらった感じ。いずれ、日米二つの活動履歴が一つになるとよいのですが!

    cakes連載

    マイナビ連載「女の節目−人生の選択」

    講談社現代ビジネス連載

    • 2016-11-27 講談社「現代ビジネス」寄稿(トランプ・ショックについて) → 記事へ

    その他の寄稿

    • 2016-04-01 雑誌『Cobalt』にエッセイを寄稿(初恋について)。Webマガジン化に伴い、紙媒体での刊行はこれが最終号とのことです。
    • 2016-04-25 中央公論新社の新文芸誌『小説BOC』vol.1にエッセイを寄稿しました。
    • 2016-06-28 『婦人公論』2016年7月12日号(6月28日発売)「海外女性通信」寄稿(三人称複数形について)。元担当ページなので感慨もひとしおだ!
    • 2016-18-16,17 BEST T!MES「秒速サブカル批評」寄稿(ポケモンGOと電源カフェ) → 前編 → 後編

    解説&レビュー

    • 2016-03-26 3/26公開、岩井俊二監督の映画『リップヴァンウィンクルの花嫁』パンフレットにエッセイを寄稿しました。
    • 2016-10-26 小学館『Domani』12月号、「フランス女性ブーム」について、談話掲載されています。「海外在住者」枠でコメントするのは新鮮でした。
    • 2016-11-30 『an-an』2031号(11月30日売)「恋の処方箋」特集、「映画、小説、歌から選りすぐり!あなたの背中を押してくれる名シーン16」に選書とコメントが載っています。

    イベント登壇&番組出演

    • 2016-03-19 2015年夏、日本女子大学人間社会学部文化学科、木村覚准教授のゼミにお邪魔して『ドラえもん』と『牧神の午後』に絡めつつ「腐女子」について対話してきました。学生との座談会の模様は「BONUS」というサイトで『岡田育さんに学生たちが聞いた「性愛と表現」とくにBLのこと』という記事になっています。 → (1) → (2)
    • 2016-07-21 TOKYO-FM『坂本美雨のディアフレンズ』出演
    • 2016-07-22 フジテレビ・ホウドウキョク『真夜中のニャーゴ』出演(アメリカ事情と『FAKE』とTMNについて)
    • 2016-07-24 ニコニコ生放送『オトコのカラダ*チャンネル』出演(キンプリについて)

    その他

    • 2016-08-14 『久谷女子便り』第9.5号「WEB女子の《日常》 」コラム寄稿、座談会参加 → 販売ページへ
    • 2016-12-30 『久谷女子便り』第10号「『シン・ゴジラ』と『君の名は。』」コラム寄稿、座談会参加 → 販売ページへ

    活動履歴(2015年)*

    こちらはまだ作業中……。
    (さらに…)

    活動履歴(2014年以前)*

    こちらも作業中です……とっちらかっててすみません。
    (さらに…)