about

岡田育 | Iku Okada | a.k.a. @okadaic   

文筆家。1980年東京都生まれ。出版社勤務を経て2012年よりエッセイの執筆を始める。著書に『ハジの多い人生』(新書館)、『嫁へ行くつもりじゃなかった』(大和書房)、『天国飯と地獄耳』(キノブックス)、二村ヒトシ・金田淳子との共著『オトコのカラダはキモチいい』(角川文庫)。2015年より米国ニューヨーク在住、グラフィックデザイナーとしても活動中。もう少し詳しい自己紹介を読みたいという方は、[ こちら ] をご覧ください(2017年1月2日付)。

お仕事のご依頼は、 okadaic [at] heikinritsu.com よりお受けしております。大変お手数をおかけいたしますが、省力化のため条件等を明記した企画概要を添付していただけると助かります。SNS等を経由したご連絡につきましては、お返事が大幅に遅れる場合がございます。刊行物に関するご質問は出版社等に直接お寄せください。


Iku Okada (岡田育) is an Artist, Writer and Designer. Born and raised in Tokyo, her work experience started as a full-time editor at a publishing house for magazines and books. Then she has authored several books. Moved to US since 2015, Graphic Arts became her second language. See also her [ Design Portfolio ]. Living in Lower Manhattan, always blogging on [ Instagram ], and sometimes writing in English on [ Medium ]. Please feel free to [ CONTACT ] directly if you’re interested in. For inquiries or information of the books will be answered by each of publishing houses.


日本語圏での主な実績を以下にまとめました。最新情報は [ こちら ] でご確認ください。時系列の活動履歴については こちら もご参照ください。

■書籍
■連載
  • エッセイ「そのかねを」(ナポレオン、2018年〜)
  • エッセイ「40歳までにコレをやめる」(大手小町、2018年)
  • コミックレビュー「#夫に読ませたいBL」(cakes、2017年〜)
  • インタビュー「メガネに会いたくて」(世界文化社『LaLaBegin』、2014年〜休載中)
  • エッセイ「女の節目 人生の選択」(マイナビニュース、2014年〜2017年)
  • 座談会「ハジの多い腐女子会」(cakes、2014年〜)
  • エッセイ「ハジの多い人生」(cakes、2012年〜)
■寄稿
  • エッセイやコラム、選書と評論、インタビュー取材など、「毎日新聞」「小説BOC」「小説すばる」「オール読物」「ユリイカ」「婦人公論」「ダ・ヴィンチ」「madame FIGARO japon」「an・an」「Domani」「with」「PHPスペシャル」「講談社現代ビジネス」「BEST T!MES」「日経WOMANオンライン」「SUUMOタウン」ほか多数掲載
■解説&レビュー
  • 富樫倫太郎『謙信の軍配者』、樋口有介『片思いレシピ』『風の日にララバイ』、『ファイブスター物語 トレーサー』Ex.1、同Ex.2、『ユリイカ』志村貴子特集、映画『トム・アット・ザ・ファーム』、映画『白夜のタンゴ』、映画『エレファント・ソング』、東京二期会『ウィーン気質』、ほか多数
■番組出演
  • フジテレビ『とくダネ!』、NHK総合『リアル日本人!』、テレビ朝日『ワイド!スクランブル』、TBSラジオ『アフター6ジャンクション』、ホウドウキョク『真夜中のニャーゴ』、ほか多数。ニコニコ生放送公式「オトコのカラダ*チャンネル」にてトーク番組出演中
■イベント登壇
  • 「ソーシャル時代に女がものを書くということ」「言葉なんかおぼえるんじゃなかった」(下北沢B&B)、「これからのやおい穴の話をしよう」(五反田ゲンロンカフェ)、「日常の中の非日常の見つけ方」(田原町Readin’Writin’)、「盗み聞きと妄想の悦楽」(大阪ロフトプラスワンWEST)、「情報の整理整頓」(NY若手日本人勉強会第40回講演)、「40歳までに身につけたいこと、手放したいもの」(青山ブックセンター本店)、「まんがキッチンおかわり」刊行記念イベント(代官山蔦屋書店)、「今夜は「パーム」を語り尽くそう!!」(ジュンク堂書店池袋店)、「爆裂じろう祭り」(新宿Motion)、ほか多数
■同人活動、リトルプレスなど
  • 『レタァ』、『transparent』、『久谷女子便り』、『駅伝女子放談』ほか。noteにて「夜半の月極」更新中、詳細は [ こちら ]