文庫『ハジの多い人生』

書題ハジの多い人生
英題Mine Has Been a Life of Much Margin
著者岡田育
発売日2020年4月8日
出版社文藝春秋
仕様文庫
価格760円+税
装幀野中深雪
装画鬼頭祈
ISBN-104167914840
ISBN-13978-4167914844
版元ドットコムhttps://www.hanmoto.com/bd/isbn/9784167914844
Amazonhttps://www.amazon.co.jp/dp/B086QMRJHT/

1990年代、痴漢だらけの満員電車で都内の女子校へ通学する思春期を過ごしつつ、
メガネ男子に萌え、16歳で献血を初体験。大足コンプレックスにレーシック、
恋愛、化粧、髪形、三十路で開眼したタカラヅカに、音楽やインターネットに至るまで――。
「変わってる」「非モテのオタク、腐女子」と言われようと、
世界のハジッコでつぶやき続ける著者会心のデビュー作。

宇垣美里さん(フリーアナウンサー)も絶賛!

『ハジの多い人生』というタイトルは「恥」ではなく「端」、中心に対する周縁を指している。
私はいつも世界の隅、真ん中じゃなくハジッコ部分を生きており、無駄を嫌う人が
削ぎ落としてしまうような、雑多な余白にこそアイデンティティを置いている。
「文庫版のためのまえがき」より

文庫版のためのまえがき
まえがき
第一章

    ハジの多い人生 / 私は普通の人間です / 人生ソロ活動 / いのち短し、伸ばせよ髪を / 蓼食うナンパ師たち / 週末、血の海にまどろむ

第二章

    遭難する準備はできている〈前編〉 / 遭難する準備はできている〈後編〉 / 亡き就活生のためのパヴァーヌ / 愛とごはんと集中治療室 / さよなら武蔵小山

第三章

    気にしているのがイイ話 / キレイはきたない、きたないはキレイ〈前編〉 / キレイはきたない、きたないはキレイ〈後編〉 / 欲望という名の満員電車〈前編〉 / 欲望という名の満員電車〈後編〉

第四章

    タカラヅカなんて嫌いだ! (った)〈初日〉 / タカラヅカなんて嫌いだ! (った)〈中日〉 / タカラヅカなんて嫌いだ! (った)〈楽日〉 / 恋とはどんなものかしら / グーテンベルク・ガール / 名誉男子と、WEB女子と

第五章

    『去年インターネットで』 / バビロンまでは何キログラム? / なんとなく、スピリチュアル / 青山の上に、お城があるのよ / 悪魔と踊れ(走らずに) / 曲線と直線と中央と周縁の宇宙

あとがき
文庫版のためのあとがき

※本書に関するお問い合わせ、取材依頼等は、版元へご連絡ください。
https://books.bunshun.jp/ud/book/num/9784167914844

『마흔에는 홀가분해지고 싶다』(韓国語版「40歳までにコレをやめる」)

エッセイ集『40歳までにコレをやめる』の韓国語版が、UknowBooksから刊行されました。タイトルは『나를 둘러싼 모든 것들로부터 마흔에는 홀가분해지고 싶다』(私を取り巻くすべてのものから40までに気楽になりたい)、翻訳はチェ・ユニョンさんで、表紙と本文挿絵はShobiさん。淡いオレンジを使った本文二色刷り、とてもかわいい仕上がりです。発売日は2020年1月23日、奇しくも私の40歳の誕生日。最高のバースデープレゼントをいただきました。

私はあいにく韓国語の読み書きはできませんが、おかげさまで、なんだかもんんんんのすごく、評判が良いようです……!! あちこちのレビューサイトで5つ星評価を得ていて、InstagramをはじめとするSNSにも長文の熱烈な感想が寄せられている。日本の読者と同じくらい、韓国の若い女性読者に「刺さる」本になったのかもしれません。

言われてみれば、「30代半ばでそれまでの仕事を辞めて米国ニューヨークに留学する」という体験、日本ではものすごく珍しがられますが、韓国ではもうちょっと身近な話なのかもしれない。大学の英語クラスを見渡しても、日本人より韓国人や中国人の学生が多かったし。私だって留学準備期間中、もし韓国人女性作家が書いた似たような本があったら、日本語訳で読みたいと思ったもんなぁ。

下手にエゴサーチや宣伝をして著者が目立たないほうがいいのかな(夢を壊して逆効果)? と思いつつ、嬉しいのでついつい感想を追いかけてしまいます。いずれ、この本を口実に韓国へプロモーション旅行に行きたいな。そして、他国語への翻訳出版オファーも引き続きお待ちしております!

書題 나를 둘러싼 모든 것들로부터 마흔에는 홀가분해지고 싶다

(私を取り巻くすべてのものから、40までに気楽になりたい)
著者오카다 이쿠 (岡田育)
訳者 최윤영 (チェ・ユニョン)
発売日2020年1月23日
出版社Uknow Books
仕様四六判ソフトカバー
価格14500 KRW
装幀 
装画쇼비 (Shobi)
ISBN-10
ISBN-13 979-1189279905
紙書籍
電子書籍 https://www.aladin.co.kr/shop/wproduct.aspx?ItemId=228723101 

アンソロジー『わたしの好きな街 独断と偏愛の東京』

SUUMOタウン編集部監修の「東京」をテーマにしたアンソロジー、『わたしの好きな街 独断と偏愛の東京』に参加しました。以前「SUUMOタウン」に寄稿した「昼はコドモ、夜はオトナのものとなる「四谷」――飲んで飲まれて歩いて帰れる街で暮らした日々」 が収録されています。加筆修正に加えて、2019年に久しぶりに四谷を歩いた雑感を特別に追記しました。

再録の他に、書き下ろしの記事や語り下ろしの記事も盛りだくさん。雑誌の特集のような、それでもやっぱりテーマを持った「本」だなぁと感じるような、一冊です。

思い出すのは、いつもあの街。
総勢20名が本音で書き、語る。
東京で暮らすこと、働くことのすべて。
住めば都? 実際どうなの?
あなたの「住みたい」を後押しする極上のエッセイ集。

■目次
【エッセイ】
雨宮まみ『都会と下町、まるで違う二つの顔を持つ街「西新宿」』
岡田 育『昼はコドモ、夜はオトナのものとなる「四谷」――飲んで飲まれて歩いて帰れる街で暮らした日々』
ひらりさ『「実家脱出ゲーム」を成功させるために――三十歳おひとりさまライターが語る「東新宿」』
枝 優花『「高田馬場」ゴミロータリーで過ごしたかけがえのない時間』
九龍ジョー『社員(シャイン)・オン・ユー・東中野』
夏目知幸『先行きなくともただひたすら楽しかった 東高円寺でのその日暮らし』
カツセマサヒコ『何者にもなれない僕が「荻窪」にいた』
美村里江『世田谷代田の秘密基地――「役者の色」に染め直してくれた夕日と住宅街の景色』
山田ルイ53世『一発屋であることを呑み込んだ「中目黒」』
ヨッピー『渋谷のヤクザマンションの話――僕が繁華街に住むことをおすすめする理由』
山内マリコ『吉祥寺で過ごした二十代は悲惨だった』
もぐもぐ『自由とカオスと町田』
pato『僕には八王子という“距離”が必要だ』
小野寺史宜『ノー銀座、ノーライフ――この街に住むことをあきらめない』
pha『東京に住んでいるのは嘘なんじゃないかって今でもときどき思ってしまう』
【上京物語】
みうらじゅん『東京で暮らすなら、いつも心に「不真面目」を』
東村アキコ『家賃を稼がなくちゃいけないから、ここまで描いてこられた』
鈴木敏夫『ジブリの秘密は“4階”にあった――「時間と空間」をめぐる五十年』
加藤一二三『東京で「棋士」として生きる――千駄ヶ谷で過ごした六十年』
赤江珠緒『「人を愛せば愛される、土地を愛せば愛される」――街を好きになるために欠かせない心構え』

書題 わたしの好きな街 独断と偏愛の東京
英題
監修 SUUMOタウン編集部
発売日 2019年12月10日
出版社 ポプラ社
仕様 四六判ソフトカバー
価格 1400円+税
装幀 佐藤亜沙美(サトウサンカイ)
装画 たなかみさき
ISBN-10 4591164829
ISBN-13 978-4591164822
紙書籍 https://www.amazon.co.jp/dp/4591164829
電子書籍

単行本書籍『40歳までにコレをやめる』

『大手小町』で連載していたエッセイ『40歳までにコレをやめる』が単行本になりました。四冊目の単著です。

私たちは、大人になるにつれて
「やるべきだ」「せねばならない」
といった文句に脅かされすぎてはいないだろうか――。
「やめる」ことは、逃げでもなんでもない。
それをやらなくたって、死にゃあしない。
自分なりの「しないこと」を考えてみれば、
人生はきっともっとラクに、自由になる。

現在39歳の人気文筆家が、
40歳までに「やめること」を綴った
等身大エッセイ!

書題 40歳までにコレをやめる
英題 What I’ve Quit Before 40
著者 岡田育
発売日 2019年5月27日
出版社 サンマーク出版
仕様 四六判ソフトカバー
価格 1500円+税
装幀 佐藤亜沙美
装画 一乗ひかる
ISBN-10 4763137603
ISBN-13 978-4763137609
紙書籍 https://www.amazon.co.jp/dp/4763137603/
電子書籍 https://www.amazon.co.jp/dp/B07SKV7V8K/

アンソロジー『酒呑みに与ふる書』

キノブックス刊行の「作家と酒」をテーマにした文芸アンソロジー、『酒呑みに与ふる書』に参加しました。単行本『天国飯と地獄耳』より、エッセイ「昼下がりの鮨屋で突然に」を収録しています。表紙にも文中からの引用「おや、昼酒ですか、結構ですなぁ。」が躍っています。古今東西、錚々たる顔触れとともに「無礼講」の酒宴の末席に加えさせていただいた気分です。

作家と酒 陶酔と覚醒の45篇!

【収録作家】(収録順) マラルメ、渡邊守章(訳)、村上春樹、川上未映子、角田光代、小池真理子、いしいしんじ、田村隆一、木山捷平、中島らも、谷崎潤一郎、森澄雄、岡田育、安西水丸、草野心平、菊地信義、夏目漱石、室生犀星、菊地成孔、藤子不二雄A、内田樹、鷲田清一、ボードレール、井上究一郎(訳)、堀口大學、江戸川乱歩、佐藤春夫、井伏鱒二、吉行淳之介、開高健、伊集院静、北方謙三、松浦寿輝、古井由吉、島田雅彦、吉井勇、大伴旅人、折口信夫(訳)、松尾芭蕉、佐伯一麦、福田和也、水上瀧太郎、吉田健一、丸谷才一、中村稔、大岡信、筒井康隆、ヴァレリー、中井久夫(訳)

書題 酒呑みに与ふる書
英題
編者 キノブックス
発売日 2019年1月29日
出版社 キノブックス
仕様 四六判ソフトカバー
価格 1500円+税
装幀 小口翔平+岩永香穂(tobufune)
装画
ISBN-10 4909689273
ISBN-13 978-4-909689-27-6
紙書籍 https://www.amazon.co.jp/dp/4909689273/
電子書籍