2015-05-22 / 日記の再開

あまりにも、あまりにも、あまりにもこのサイトの更新をサボッていたので、心を入れ替えるために「日記」を再開させようと思う。ちょっともうどこから手をつけていいのやらわからない感じになっていますが……。とりあえず、またしてもWordpressテーマを変更するところから。少しでも気軽に書けるようにと、ブログっぽい形状の「Singl」にしてみました。メニューのデザインがちょっと今風に過ぎて、旧人類の私には到底扱えないと思ったので、しばらくはアサイドをメニュー代わりに使ってみます。まぁ何事も実験だ。次にテーマを変更したら、ここに書いてあることも何がなんだかわからなくなるだろうね。

5月20日には我が音楽の天使・石川禅ちゃんの初ソロコンサートがあって、これがもう本当に、本当に、本当に素晴らしかったので、早く長めの感想が書きたいです。はてなダイアリー、ザ・インタビューズ、noteやMediumなどなど、ミュージカル関連の記事も散逸してしまっているけれど、別に隠すものでもないし、というかすでに各種アカウントの匿名性は完全に失われてしまっているんだから、サイトに書いたっていいじゃないか! なぁ!

フリーランスになった当初、仕事のサイトはストイックに仕事の情報だけを載せてポートフォリオのように見せようと思っていた時期もあって、ところがもう3年近く経つと仕事量そのものが増えてしまい、一つ一つに丁寧な紹介や事後報告を書くのが追いつかなくなっている。どちらかというとTwitterに近い速度で「今、何をしているか」を伝えられたほうがよいなと考え直しました。ポートフォリオはそのうち別に作ってみます。

5月21日には紀伊國屋書店新宿本店で『オトコのカラダはキモチいい』の刊行記念トーク&サイン会。ゴールデンウィーク前からあれこれ準備していたのに直前で新情報など舞い込んできて、当日の打ち合わせはほとんどせずに、ぶっつけ本番のおしゃべり。楽しかった。二村ヒトシさんの「やっぱり、この三人が集まると、何かケミストリーが生まれるね」というお言葉が嬉しかったよ。最後、まだグズグズと公表してなかった渡米の話がいきなりポロッと出たので、それもまた腹が据わった感じ。改めてご報告します。

いちばん嬉しかったのは、紀伊國屋書店福井店で拙著『ハジの多い人生』を大規模展開してくださった担当O氏が、新宿本店に異動になっていて、ようやくご挨拶できたこと!! じつはこのイベント実現に際して「どうも岡田さんと懇意な書店員がいるようで……?」と風の噂が流れてきたにもかかわらず、それが誰だかまったくわからず、出版社時代からの名刺フォルダを漁っても心当たりがなく、いったいどんな経緯でそんな奇特な方が新宿店に突然現れたのか……福井店ならまだしも……と不思議に思っていたら、元福井店の方というオチだったよ! 思わず辻仁成ばりの「やっと会えたね……」が口を衝いて出た。黒縁眼鏡に半袖シャツのO氏、金田淳子さんも太鼓判を捺すなかなかにハイスペックな書店男子ぶり。今後ともお世話になります。

打ち上げは新宿二丁目「ベトナミング」だったのですが、パクチー好きにはたまらない「ブラッディパクチー」というカクテルがあったので迷わず頼んだし再訪を誓った。東京へ戻ってきて久しぶりに人前に立って緊張したのか、帰宅するや否や買ってきたレッドブルを握りしめたまま盛大に寝落ちという体たらく。やるべきこと何一つ終わっていませんが、マイナビ連載「女の節目」は第17回が更新されました。タイトルは「初めての、一人旅」で、内容はどちらかというと、学費ローン完済と転職タイミングの話。だんだん実年齢に追いついてきて、「こないだも書いたけどさー」みたいな口調が増えてきます。

あまりにも、あまりにも、あまりにも申し訳ない気持ちが、珍しくデスマス調の日記を書かせるなぁ。エッセイもデスマス調で書けばもう少しまろやかになるのかもしれないが、字数を食うので好きじゃない。長い髪と同じくらい、自分にそぐわないものという感覚がある。今ちょうど左右アシンメトリーに刈り上げていた髪を同じ長さに揃えるまで伸ばしているところなのだが、耳にかけられるようになった時点からもうすでにして新たに刈り上げたくてたまらない。ただ、ずっとヘアバンドをしておでこを上げていたら、それだけで体温調節に失敗したのかちょっと夏風邪気味でもある。獣か。

単行本書籍(共著)『オトコのカラダはキモチいい』

2017年12月20日に文庫化されました。

僕たちは、僕たちの本当に快楽について まだ何も知らない−−−−−。
腐女子とAV監督が男体の神秘に挑む!

前立腺だって愛されたい。
いま明かされるドライオーガズムの秘密
それはボーイズラブともつながっていた!?
Twitter等で話題騒然! エロの三賢人が教える 研究&開発の最前線!
コンテンツプラットフォーム「cakes」の大人気記事、待望の書籍化。
装画は雲田はるこ描き下ろし、本文にも美麗イラスト図解つき!
処女も童貞も、おたくも女王様もヤリチンもゲイも女装子も、みんなで読もう!

——

二村ヒトシ(@nimurahitoshi)
アダルトビデオ監督。1964年六本木生まれ、慶應義塾幼稚舎卒、慶應大学文学部中退。痴女AV・レズものAVの育ての親、ふたなり実写AV・女装娘AVの産みの親でもある。ソフト・オン・デマンドやムーディーズ・エスワンから監督作品を発売する一方、男性のオーガズムを追求するレーベル・マザーズを主宰。著書に『すべてはモテるためである』『なぜあなたは「愛してくれない人」を好きになるのか』(イースト・プレス)、恋愛対談集『淑女のはらわた』(洋泉社)がある。 http://nimurahitoshi.net/

金田淳子(@kaneda_junko)
社会学研究家。やおい・ボーイズラブ・同人誌研究家。1973年富山県生まれ。東京大学法学部を卒業後、文学部に学士入学。東京大学大学院人文社会系研究科博士課程単位取得退学(社会学)。共著に『文化の社会学』(佐藤健二・吉見俊哉編著、有斐閣、2006年)の「第十章 マンガ同人誌 解釈共同体のポリティクス」。ひげ・めがね・老人・武将・ヘタレ・年下攻が大好物。ジェンダー論、社会学の視点から、やおいを研究している。

岡田育(@okadaic)
編集者・文筆家。1980年東京都生まれ。慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科修士課程修了。中央公論新社で雑誌『婦人公論』や文芸書籍の編集に携わり、「アダルトグッズ評論家」の異名を得て2012年に退社、執筆活動を始める。文化系WEB女子集団「久谷女子」メンバー。著書にエッセイ集『ハジの多い人生』(新書館)、『嫁へ行くつもりじゃなかった』(大和書房)。CX系の情報番組『とくダネ!』コメンテーターも務めている。https://okadaic.net/




※本書に関するお問い合わせ、取材依頼等は、版元へご連絡ください。
http://mediafactory.jp/Form/Product/ProductDetail.aspx?pid=9784040674209

【告知】6/13「20歳のときに知っておきたかった雄っぱいのこと」(出演)

来る13日の金曜日、「二村ヒトシ×金田淳子×岡田育」が帰ってくるぞ!!
定員50名から始まったチケット発売、ご好評につき満席に達し、現在せっせと増席中です。とはいえ、泣いても笑っても100名がおっぱいおっぱい、ならぬいっぱいいっぱいですので、ご予約はお早めに。前回参加者を対象とした「穴割引」もあります!

二村ヒトシ×金田淳子×岡田育「20歳のときに知っておきたかった雄っぱいのこと」

2014年1月16日、聖地・五反田を熱狂の渦に巻き込んだイベント「これからのやおい穴とアナルの話をしよう」。
イベント当日は100人近くの腐女子が五反田に集結、ニコ生にも多くの視聴者が詰めかけ、ゲンロンカフェにひとつの伝説を残しました。
そして、2014年6月13日。あの3人がゲンロンカフェに帰ってきます!
今回のテーマは……
「雄っぱい」(おっぱい)。
そう、男性の胸、乳首についてです。
授乳ができるわけでもないのに存在する男性の乳首は、いったい何のためにあるのか?
マンガやアニメにおいて胸が描かれていてもそこに鎮座するはずの乳首がときに存在を抹消されてしまう理由は何なのか? 女性たちは男性の乳首に興奮するのか? 男性たちは自分の乳首のことをどう思っているのか? っていうかそもそも乳首って性器なのか?
……などなど、実は「やおい穴」以上に謎のつきない存在なのです。
金田淳子さん、岡田育さんからの腐女子的視点、二村ヒトシさんからのAV監督的視点双方をまじえつつ、少年まんがにおける雄っぱい、BLにおける雄っぱい、そしてAVにおける乳っぱいなど、女性のおっぱいとの対比もまじえつつ、ひろく「雄っぱい」の話を熱く語り尽くしていく予定です!
13日の金曜日、ゲンロンカフェに再び刻まれる歴史を、その目で目撃しませんか?
【イベント詳細】
開場(受付開始):19:00
開演:20:00
定員:50名+α
●チケット種別
前売り入場券:2100円
当日現金支払い:2600円
※代金にドリンク代は含まれません。
 ドリンクは会場でご自由にご注文いただけます。
※尚、当イベントは18禁とさせていただきます。
★「穴」割引あり!
前回のイベント「これからのやおい穴とアナルの話をしよう」に参加してくださった方には500円キャッシュバックいたします。
前売り券を購入される方は割引コード「anal1」を、当日現金支払いの方は割引コード「anal2」を入力してください。受付時に、前回お申込みと今回お申込みの名義を照合し、確認させていただきます。
【登壇者プロフィール】
二村ヒトシ(@nimurahitoshi)
アダルトビデオ監督。1964年六本木生まれ。慶應義塾幼稚舎卒で慶應大学文学部中退。画期的なエロ演出を数多く創案し、現在は、MotheRs(痴女専門)・美少年出版社(女装っ子専門)・レズれ!(女性同士専門)・欲望解放(本人のセックス専門)の4つのAVレーベルを主宰・経営するほか、ソフト・オン・デマンド、エスワン、ムーディーズ、ベイビーエンターテイメント等からも監督作品を発売。著書に『すべてはモテるためである』(イースト・プレス)、『なぜあなたは「愛してくれない人」を好きになるのか』(イースト・プレス)、対談集『淑女のはらわた』(洋泉社)がある。
金田淳子(@kaneda_junko)
社会学者。やおい・ボーイズラブ・同人誌研究家。1973年富山県生まれ。東京大学法学部を卒業後、文学部に学士入学。東京大学大学院人文社会系研究科博士課程単位取得退学(社会学)。共著に『文化の社会学』(佐藤健二・吉見信哉編著、有斐閣、2006年)の「第十章 マンガ同人誌 解釈共同体のポリティクス」。ひげ・めがね・老人・武将・ヘタレ・年下攻が大好物。ジェンダー論、社会学の視点から、やおいを研究している。
岡田育(@okadaic)
編集者・文筆家。1980年東京都生まれ。慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科修士課程修了。中央公論新社で雑誌『婦人公論』や文芸書籍の編集に携わり、「アダルトグッズ評論家」の異名を得て2012年に退社。文化系WEB女子集団「久谷女子」メンバー。単著に『ハジの多い人生』、連載エッセイに「嫁へ行くつもりじゃなかった」ほか。CX系の情報番組『とくダネ!』コメンテーターとして出演中。
http://analandyaoihole2.peatix.com/

【告知】5/4、「ネットで人生、変わりました!」出演@下北沢B&B

緊急告知となってしまい申し訳ないのですが、『ハジの多い人生』刊行記念企画の第一弾として、IT戦士ゆかたんと久しぶりに「W岡田」でトークイベントを開催することになりました!! 場所は「久谷女子」でもお世話になっている下北沢の本屋「B&B」です。定員30〜50名くらいという小さな会場で、今のところ20名以上のご予約いただいているとのこと。まだまだお席をご用意できると思いますが、当日いきなりのお越しだとどうなるかわかりません。是非、事前にご予約のうえご参加いただきますようお願いいたします!!
当日は、会場で『ハジの多い人生』と『久谷女子便り』その他の関連書籍を販売します。お買い上げのアイテムと、事前にご購入いただいた出演者の著作のみ、終演後にサインいたします。サインといっても、ただ名前を書くだけなんですが……。お持ちの方は是非どうぞ。

岡田育×岡田有花

「ネットで人生変わりました!~WEB女子対談2014~」

『ハジの多い人生』刊行記念
WEB女子サークル『久谷女子』同人として、フジテレビ系情報番組『とくダネ!』コメンテーターとして、編集者/文筆家として活躍中の岡田育さんによる初の単行本『ハジの多い人生』が、4月24日に刊行されました。本書刊行を記念して、このたびB&Bでトークイベントを開催いたします! 対談のお相手にお迎えするのは、『久谷女子』メンバーであり、ウェブ業界で活躍中の女性ライター「IT戦士ゆかたん」こと岡田有花さん。

思い返せば2012年10月――。お二人には、「ソーシャル時代にものを書く」ことに焦点を当ててトークイベントをしていただきました。あれから約一年半がたち、岡田育さんはウェブ連載をまとめた初の単行本『ハジの多い人生』を刊行、岡田有花さんはネットニュース記事以外に紙の雑誌メディアでも執筆の機会が増え、さらに久谷女子は、同人誌の他に話題の新サービス「note」でもコンテンツ販売を開始するなど、さまざまなトピックが追加されました。
今回のイベントでは、「ネットで人生変わりました!~WEB女子対談2014~」と称し、
「記者」と「編集者」の違い、「ネット媒体」と「紙媒体」の違い、「ソーシャル時代にものを書く」こととは? などといったテーマを、2014年ヴァージョンにアップデートして語り合っていただきます。
さらに当日は店頭にて、『ハジの多い人生』『久谷女子便り』ほか、関連アイテムも販売します。
プロのライターや編集者になりたいと考えている人たち、
ネットでモノを書きたいという人々、必見のイベントです。
ふるってご参加ください!
出演 _ 岡田育(編集者・文筆家・久谷女子メンバー)
岡田有花(フリーランス記者・久谷女子メンバー)
開催日時 _ 2014年5月4日(日)19:00~21:00 (18:30開場)
場所 _ 本屋B&B
世田谷区北沢2-12-4 第2マツヤビル2F
入場料 _ 1500yen + 1 drink order
http://bookandbeer.com/blog/event/20140504_b_kutanijyoshi/

【告知】4/29、『たたかえっ!憲法9条ちゃん』イベント出演

「サロン・ド・久谷女子」「ナカムラ春のチン祭り!」に続き、なんと三ヵ月連続の阿佐ヶ谷ロフトA登壇です。嬉しいんだか虚しいんだかよくわかりません。さて今回は、私の「偽弟」であるジャッキーこと尾崎隆臣くんが『たたかえっ!憲法9条ちゃん』という気狂いじみたタイトルの本を出すことになりました……のですが……、なんと内容があまりにもアレだったせいか、出版社の都合で「刊行無期延期」となったそうです。ヘコー!(c)パーマン
本来は「刊行記念イベント」であり、私たち偽姉弟が奇しくも今春、二人揃って商業出版デビューするその門出を祝う会になるはずだったのに、偽弟の本が出ないので、……偽弟の今後の作家人生と御健筆を「祈念」しつつ、偽姉は偽姉で、普通に単行本『ハジの多い人生』を手売りいたします。あと、架神恭介さんと武富健治さんのお話がすごく楽しみです。
「偽姉」「偽弟」とは何か? というのはなかなか説明しづらいのですが、私の周囲の一部人間関係は「擬似家族」で成り立っておりまして、私にとって「伯父」にあたる人物の「甥」、すなわち私から見てほぼ「兄」である人物が、特別かわいがっている「弟分」として知り合ったのが、ジャッキーくんです。全部ひっくるめて「末の弟」ってことでいいと思います。この擬似家族とは別に、私には血を分けた実弟がおり、妹婿にあたる義弟もおり、呼称を分けないと彼らの名誉を損なう場合がございますので、ジャッキーくんのことを「偽弟」と呼んでいる次第です。一緒に文化系トークラジオ「Life」の小沢健二回にゲスト出演したりしましたね。懐かしい。
それぞれのファンの方はもちろんですが、小説家志望、漫画家志望の方などにとっても勉強になるイベント内容だと思います。以下、イベントページからコピペしておきます。つーか、開催10日前を切ってるのに主催からは何の連絡もなく、イベントページが登壇者への通信欄みたいになってるのだが、刊行どころかイベント開催そのものが、大丈夫か!?


『たたかえっ!憲法9条ちゃん』(尾崎隆臣)発売《祈》念
小説や漫画にかいちゃいけないものはない!? メジャー流通できるギリギリのラインを考えよう

【開催概要】
2014年4月29日(祝)阿佐ヶ谷ロフトA
OPEN 12:00 / START 13:00
予約¥900 / 当日¥1,200(共に飲食代別)
ご予約は阿佐ヶ谷ロフトAウェブ予約にて受付!
【出演】
尾崎隆臣(作家。『たたかえっ!憲法9条ちゃん』)
武富健治(漫画家。『鈴木先生』『江露巣主人大全』)
架神恭介(作家。『戦闘破壊学園ダンゲロス』『仁義なきキリスト教史』)
岡田育(編集者・文筆家。『ハジの多い人生』)
<衝撃! 『9条ちゃん』がまさかの無期限発売延期!!>
楽しみにしてくださっている方々、ごめんなさい! 「諸事情」により『9条ちゃん』は、もうしばらく発売することができなくなってしまいました。具体的にどんな事情があったか、というのは、イベント本番でお話しさせていただきたいと思います!
ともかく言えるのは、「このイベントが成功すれば、出版できるはず!」ということですので、よろしければ、応援を……お願いいたします……!!
というわけで……同人誌ですでに1000部以上を売り上げている人気作品『9条ちゃん』を発売できない出版界に一石を投じる、「発売記念イベント」ならぬ「発売祈念イベント」の詳細は以下!!(4月12日改訂)
<入場特典>
・武富健治先生による『9条ちゃん』イラストカード
・『9条ちゃん』手作り小冊子(16ページ。尾崎隆臣のシナリオによるオリジナルまんが14ページを掲載)
・その他、サイン会など企画中です。
<物販>
・『9条ちゃん』同人版(第三版)をはじめとする尾崎隆臣(ノンポリ天皇)作品を格安で販売!9条ちゃんは通常700円前後のところ、300円くらいで販売予定!
・ゲストの方々の書籍も販売。武富健治先生編集(※)の名作同人誌『江露巣主人大全』は、内容が危なすぎて一般書店では購入できないので、この機会に是非!岡田育『ハジの多い人生』は、25日に発売したて。ぜひ本人からご購入ください。架神恭介さんも何か持ってきてくれるかも!
※『江露巣主人大全』を執筆した江露巣主人と武富先生は、あくまで別人ということになっています。
<イベント概要>
「ライトノベル」としては屈指の「あぶない表現」を満載し、なかなか出版できないでいる『たたかえっ!憲法9条ちゃん』。その全国発売を《祈》念して、「メジャー流通できるギリギリのライン」について語り合います!!
出演者は、『9条ちゃん』作者の尾崎隆臣はじめ、「出版できるかできないか」の境界線上で活躍する作家たち。
ドラマや映画にもなった『鈴木先生』の作者であり、『江露巣主人大全』という絶対に商業流通させられない凄まじい同人誌(当日販売あり)も手がける武富健治。エロ・グロ・ナンセンス道を突っ走る21世紀の山田風太郎・架神恭介。そして編集者代表として、「超一流の読者」でもある岡田育。業界や世間では何が問題とされ、それはどのように切り抜けられるのか?それぞれの経験と、表現に関する持論やアイディアを大いに語ります!!
前半で、表現について深く考え、後半では実際に、みんなで「ヤバイけどなんとか出版できそうな物語」を考えてみようと思います!
<議題(仮のものです)>
・武富先生が『江露巣主人大全』(第2版)の中で書いた「(ヤバいものは)メジャーでばらまくには、工夫が必要だ。川端康成しかり、宮崎駿しかりである。」という言葉について。変態的な趣味やリビドーなど、「ヤバいもの」を芸術や娯楽として表現するためにはどうすればよいか?
・『江露巣主人大全』について。なぜこんなものを描いてしまったのか? ○形は好きなのか? これを「メジャーでばらまく」には、どのような工夫が必要なのか?
・架神先生のTwitterなどでたまに目にする、『ダンゲロス』シリーズなどにおける表現自粛との葛藤や、「自分の好きなものだけを書いていると読者がついてこない」という現象について、解決策を探る。
・これまでの作品や活動に関して、表現に関する裏話など。
・メジャーではできないことが自由にできる、同人誌やインターネットの役割や、棲み分けなどについて。
・さまざまな「自粛事項」(各種タブー)について、「なぜいけないのか」「どうすれば描いてもいいのか」「怒られないためにはどうするか」「怒られても気にしないための工夫」「これだけは命があぶないからやめたほうがいい」など、現実的なアイディアを考える。
・ぎりぎりメジャーでいけそうなヤバイ物語をみんなで考える。(これはぜったい楽しいので、後半のメインになるかと思います。)
・『たたかえっ!憲法9条ちゃん』について。これまでの経緯と、進行中の企画、ここだけの話、これからの展開などについて。
などなど……。その他、ご意見等のある方は尾崎隆臣(@ozakit_Jacky)まで!!

20140412191147


ここに尾崎くん本人の告知ページがあります。
http://d.hatena.ne.jp/politen/20140412/1397296794
こちらに後日談が上がってました。
http://d.hatena.ne.jp/politen/20140430/1398851428