活動履歴(2019年)

書籍

ナポレオン連載「そのかねを」

  • 2018年から続いた連載、全23回で終了しました。書籍化準備中。

OTEKOMACHI(大手小町)連載「気になるフツウの女たち」

すばる連載「我は、おばさん」

cakes連載「#夫に読ませたいBL」

  • しばらく休載中です。

署名寄稿

取材記事など

解説&レビュー

イベント登壇&番組出演

note連載

活動履歴(2018年)

書籍

キノノキ連載「天国飯と地獄耳」

OTEKOMACHI(大手小町)連載「40歳までにコレをやめる」

ナポレオン連載「そのかねを」

cakes連載「#夫に読ませたいBL」

ランウェイウォーカーズ短期集中連載

その他の記事

解説&レビュー

イベント登壇&番組出演

note連載

Medium連載

その他

 

2018-12-04 / どこにいても

ご無沙汰しております。ただいまパリ滞在中。本日はサクレクール寺院まで足を伸ばした後、ホテルのラウンジで仕事しながら書いております。前回10月の日本出張から向こう、公式サイトをまったく更新していなくて申し訳ありませんでした。ずいぶんバタバタ過ごしてしまったな。反省。

まずは10月17日のいしいしんじさんとのトークイベントにお越し下さった皆様、本当に本当にありがとうございました! 今は細かな内容には触れませんが(※担当編集者がそのうちコンテンツ化すると言っていた)、体感として「ずっと大阪の話をしていた」という記憶が刻まれています。とても不思議。これからもあちこちへ出向いて、その土地についての話をしたいな、という気持ちになりました。そして、いしいしんじさんが私の新刊の話をたっぷり振ってくださった割に、私がいしいしんじさんの小説の話をまったくしなかったよね! 「『プラネタリウムのふたご』を読んであまりの素晴らしさに書きかけの自作小説草稿をドブに捨てた話」とか、準備していったのに、あっという間に時間切れでした。またの機会にご一緒したときは絶対この話をしますよ……。でも、いしいさんから教わった「朝、起き抜けに書く」の極意に励まされ、いずれはまた創作も、と考えている今日この頃です。

『天国飯と地獄耳』、おかげさまであちこちで書評などいただいて有難い限りです。引き続き、感想お待ちしております。先のイベントでは偽兄おはるさんことオケサドコーヒー&パブリッシングさんと初の飲食コラボができたのも嬉しかったですね。限定ドリップパック、ニューヨークでも配りまくって好評です。謹製コースターもまだまだあるので、また配り歩きに行きたいです。

さて、約一年間にわたり「大手小町」で連載していた『40歳までにコレをやめる』が、11月末で大団円の最終回を迎えました。もともとはずっと塩漬けになっていた書籍化企画で、「40歳になる前にどうにかして原稿を書き上げよう!」と始まった、初めての週刊連載。ずいぶんたくさんの反響をいただいて、翌週の内容をまるまる変更して感想へのアンサーを書いたりもして、リアルタイム感が楽しい連載となりました。毎回ギリギリの更新で編集部には大変ご迷惑をおかけしましたが、なんとかゴールテープを切ることができましたね。次の目標は「39歳までにコレを本にする」です。目下、鋭意改稿中。そして「大手小町」では来年から別のテーマで新連載が始まる予定です。引き続き楽しみにお待ちください。

新連載といえば、もう二つ、三つ。新しくローンチした「ナポレオン」という媒体で、「そのかねを」というタイトルの連載が始まります。「40歳までにコレをやめる」でも何かと話題になった、消費行動と金銭感覚にまつわる話。スマホでサクッと読めるような短めのコラムが続く予定です。また、とある紙の雑誌でもなかなかズッシリした連載の企画が立ち上がっていますので、こちらも続報をお待ちください。

長らく放置していた「note」では、コンテンツを整理整頓して、定額マガジン『夜半の月極』をスタートしました。月額500円で全記事が読み放題になる、という仕組みをトライアル中です。毎月500円ずつ払ったり、マガジンごとに課金したりせずとも、ワンタイム500円で一ヶ月間すべてを一気読みできるように、と考えて作ったモデルなので、気が向いたときに「文庫本を買う」「DVDをレンタルする」といった感覚で読んでいただければ幸いです。留学体験記「35歳でガールと呼ばれる」も読めるし、直近では、パリの話など書いています。まぁでも、商業原稿とはずいぶんノリが違うので、おやつ感覚でどうぞ。

最近では、『FIGARO』のニューヨーク特集に出たり、楽天「それどこ」で海外遠征オタクとしてコメントを寄せたり、あるいは「アパートメント」でアンニさんの連載をレビューしたり。「日本の外に暮らす者」として物を書かせていただく機会も増えてきました。三年前、渡米直後は多忙にも程がある学校生活に追われ、「もう二度と日本語を書く仕事になんて戻れなくなってしまうのでは!?」と思っていましたが、最近はむしろ「世界のどこにいても、英語より多く日本語を書いているよなぁ……」という状態。それがいいのか悪いのかわからないけれども、しばらくこの調子で続けてみます。

デザイナーとしては、今秋から冬にかけての契約で、小さな広告制作会社で働いています。クライアントワークなのであんまり詳細語れませんが、現在のボスはロシア人、クライアントはお堅い米国法人、日本支社向けに翻訳の仕事なども手がけていて、これはこれで面白い。おかげで英語圏での個人制作プロジェクトはずいぶん塩漬けになってしまっているけれど、まずは日本語の新刊を頑張りたいと思います。それもこれも、2019年の課題だな……。あっという間に師走ですね。

ちなみに1月下旬にはまた日本一時帰国予定です。今回は、全日程ほとんど東京のはず。本当は郊外の温泉とか行きたいけどね……日比谷のマンダレイ優先だね……。短い期間ではありますが、お声がけいただけたら嬉しいです。

【告知】大阪でもまれる女。(10/17@ロフトプラスワンWEST)

来たる10月17日(水)夜、大阪ロフトプラスワンWESTでトークイベントを開催することになりました。拙著『天国飯と地獄耳』の帯に素晴らしい推薦文をくださった、作家・いしいしんじさんと、初めての顔合わせとなります。かたやニューヨーク在住、かたや京都在住。中間地点の大阪で待ち合わせ、といったところでしょうか。町歩きの名手とご一緒に、世界のあちこちのオモロイ人々の噂話ができればと思います。

そもそもは5月に東京で実施した「天国飯と地獄耳オフ」が非常に楽しかったので、また似たことを企画したいなと考えていたのでした。そして私、今回の日本帰国の第一目的は、第二の故郷こと三重県伊賀市のユネスコ無形文化遺産上野天神祭へ参加することなんですよ(なんだこの一、二、三のリズム)。まぁそしてついでに、推しの舞台も西で観る。せっかくなので大阪の地で何かしたいと思っていたところ、ご縁がつながり、いつもお世話になっているロフトプラスワンの、初めましてのWEST店からお声がけいただいた次第です。

仕事でも、遠征でも、何度も訪れている大阪。親しい友達を頼って毎春のように国内最高の野外フェスこと「春一番」に通ったりもしていました。降り立つたびに「大阪へやって来た!」と言わずにおれない友部正人勢である。前回滞在時はフォロワーさんたちから、梅田芸術劇場近くで観劇後に一人飲みできる素敵なワインバーをたくさん教えてもらいました。今回も行くぜ。勝手に勝手知ったる気分、とはいえ、自分がメインのイベント開催は初めてなのです。その意味ではめちゃくちゃアウェイ感があるのですが、どうぞお手柔らかによろしくお願いいたします!

岡田育×いしいしんじ「盗み聞きと妄想の悦楽」

『天国飯と地獄耳』(キノブックス)刊行記念

居酒屋、カフェ、大相撲の桝席、飛行機のビジネスクラス――。美味しいごはんを食べながら、隣席の会話を盗み聞きして、妄想をふくらませるというエッセイ集『天国飯と地獄耳』を刊行された、岡田育さん。『いしいしんじのごはん日記』シリーズをはじめ、軽妙な文体のエッセイに定評のある、いしいしんじさん。最新刊『きんじよ』では、京都に暮らす人々の姿を温かく、ユーモラスに描いています。隣人の様子を観察し、あれこれ妄想を膨らませる歓びを、岡田育さんといしいしんじさんがたっぷりと語り合います。ぜひご期待ください。

【出演】岡田育、いしいしんじ
2018年10月17日(水) OPEN 18:30 / START 19:30
前売り ¥2,300 / 当日 ¥2,800(飲食代別)※要1オーダー¥500以上
前売券はイープラス、ロフトプラスワンウエスト電話予約にて9/22(土)発売開始!
■購入ページURL(パソコン/スマートフォン/携帯共通)
http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002273773P0030001
ロフトプラスワンウエスト電話→0662115592(16~24時)
※ご入場はプレイガイド整理番号順→ロフトプラスワンウエスト電話予約→当日の順となります。

https://www.loft-prj.co.jp/schedule/west/99243

なお、タイトルの元ネタが全然まったく通じないと思いますので、神アクトの動画を貼っておきます。きゃー、B’zのミヤザワさんカッコイー。この曲にも歌われている通り、大阪圏外からあの街へ出向く人間が抱くすさまじいアウェイ感、お邪魔させていただきます感というのは、もう「Englishman In New York」並みのアレがあるのじゃよ!! って、大阪在住の長い友達たちには、何度言っても伝わらないんだよなー。ちなみにニューヨークびとの間では「ハーレムは大阪、大阪はハーレム」というアナロジーがよく使われております。そんな話も、また。

2018-07-16 / またまた東京滞在記

今年三回目の東京滞在でお世話になった皆様、ありがとうございました。いやしかし、あんまりネガティヴなこと言いたくないけど、さすがに5、6、7月の間に二往復はつらかったですな……。まず帰国後6月上旬の大半を時差ボケ体調不良で潰してしまい、7月初旬の東京滞在中も見事に風邪を引きまして、帰国直後に体重を量ったらまさかの4キロ増。わーわーわー、と全部の帳尻を合わせてすべてを元通りにするべく慎重に安静にしていたらあっという間に7月半ばだよ。体重は下痢して戻ったよ。前回、2017年末も4号連続で『SKYWARD』(JAL機内誌)を読んでしまったが、今回も3号連続で読んでしまい、なんというか、心身ともに慢性のロングフライト血栓症(エコノミークラス症候群)みたいな状態に。ニューヨークで作った友達には世界中を忙しなく飛び回っている人々がいて、ほとんど毎週という単位で国内外の飛行機に乗ってる人もいるのだけど、信じられない……私には到底無理……体力の無い引きこもりは引きこもりらしく慎ましやかに生きていこう……と思った次第です。そんなんできたら私だってバリキャリ人生送っとるわ。分相応、という考え方、大事。

短期高頻度での日本帰国には、そこでしか叶わないよきこともあって、懸案の歯科治療はようやく一段落。保険の都合上、貯めたマイルで往復して自由診療で日本の歯医者にかかったほうが安くつくのですな。こうならないように三年前みっちり治療してから渡米したはずなのに、問題になるのはいつも同じ奥歯。もう20年近くずーっと、新しい歯医者にかかるたびにいつもその歯から治療が始まり、渡米直前にはとうとう神経まで抜いたのに、やっぱり今回も引っかかる。逆に言うと、それ以外の歯は小中学生のときに治療したきりの古い銀歯が被さったままで、あの頃にイヤイヤ通った実家近所の小児歯科、毎回あまりに痛いからヤブだと思っていたけど、じつは腕利きだったのでは、と今更ながらに驚く。ともあれ、この三ヶ月で『天国飯と地獄耳』刊行記念トークイベントを合計3回も開催できたこと、紙の本を実際に買って読んでくださった読者の皆様と直接お話しできたこと、おまけに歯が治り、ついでに推しの晴れ舞台が観られたことは非常によかった。

次の日本滞在は10月予定、家庭の事情があって東京というよりは近畿圏の滞在がメインとなります。移動ばかり長くてあまり仕事の予定は入れられないかもしれないが、合間合間、普段伺えないところへも馳せ参じることができればと思っておりますので、関西圏の書店様、あるいはイベント企画者の皆様、何か面白いことご一緒できたら嬉しいです、ご連絡お待ちしております。

年四回も一時帰国するなんて、学生時代には考えられなかったな! 自分でコントロールできるなら、等間隔で年に二、三回がいいなと思う。東京へ降り立つたび、こちらで普段は我慢していたアレもできるコレもできる、となけなしの社交性を全開にふりまいて財布の紐もガバガバにゆるめてワクワクするのだけど、会いたい人と会うだけであっという間に一日が終わり、息つく間もなくスケジュールが詰まって、普段ならゆっくり手がけることが何もかもバタバタの急回転でペースが乱れ、足りない時間をお金で補填し、十日も経つとホテルの部屋へ戻るたび「早くうちへ帰りたいなー」との想いがもたげてくる。そうだった、明るく楽しく刺激的で誘惑の多いこの街を、離れて暮らしているのにもそれなり理由があったのだ、と気づくのに約二週間。きっと遠距離恋愛くらいがうまくいくのよね、私とあなた、東京は。私は流されちゃうからな。あなたに振り回されちゃうからね。と手を振ってしばしの別れ。