ザ・インタビューズ転載日記(蕎麦うどん)

そば派ですか?うどん派ですか?

断然、蕎麦派です。自宅では備蓄食料として優れている冷凍うどんを食べることが多いですが、そのぶん外食では圧倒的に蕎麦を選ぶ機会が多いです。外食でのうどんは専門店というか、うどんを売りにしている店でしか、食べませんね。

ザ・インタビューズ転載日記(スポーツ)

よく観るスポーツ、または昔よく観ていたスポーツ、これから観てみたいスポーツはありますか。

これは、今までにもあちこちで書いていることですね。私は運動神経がおそろしく鈍くて、学校の体育の成績も我ながら目を瞠るほど低く、スポーツ全般あまり好きではありません。自分でやるよりは他人の競技を観ているほうがまだマシですが、やはり苦手意識が優って、スポーツという概念自体が好きになれないところがあります。

囲碁将棋やチェスのような所謂マインドスポーツを除いて、身体を動かすスポーツで観戦するものも非常に限られています。今まで一時期でも夢中になったスポーツ観戦といえば、相撲、新体操、自転車、でしょうか。

相撲については、とにかく、千代の富士です。アスリートのことをあそこまで好きになるのは、きっと千代の富士が最初で最後でしょう。Wikipediaから引用すると「1988年(昭和63年)5月場所7日目から11月場所14日目まで53連勝」とあり、つまり私が小学3年生のときですが、この連勝記録を固唾を呑んで見守っていたのを憶えています。幼い私は、圧倒的な「強さ」は圧倒的な「美しさ」となる、ということをまさに彼から学びました。羽生善治七冠に魅せられて将棋を観るようになったのとまったく同じです。こちらが原点です。ぶっちゃけ彼一人むちゃくちゃ顔も好みだったというミーハーな話で、当時のライバル勢のこととかまったく覚えていないのですけどね……九重親方になってからも、弟子の取組のときなど端に姿が見えるとそれだけでドキッとします。大相撲のテレビ中継は、基本の型が決まっている中でアドリブを繰り出す、ジャズのアドリブやお芝居の駆け引きを観ているような気分も味わえて、「速く走ったら勝ち」みたいなスポーツ中継にまったく興味が持てなかった私を、シアトリカルに惹きつける要素もありました。あとは敷島、舞の海、朝青龍、日馬富士なんかも応援してましたが、贔屓役者同様、いかにキャラ立ち重視で追いかけてた浅いファンか、お察しください。

新体操は、最初は何だったろう。やっぱり『タッチ』の浅倉南かなぁ。あのアニメで観るまで、あんなスポーツがあること自体を知らなかったと思います。学校の友達にはクラシックバレエをやっている子がいて、妹は伊藤みどりに憧れてフィギュアスケートを始め、かたや私はテレビでぼんやり新体操を眺めている……という感じ。誰にどうやって習えばいいのかわからなくて「観てるだけ」でしたけど、この三つ、当時の女児の憧れでしたよね。どういう時代背景か今よりずっと中継番組が充実していたし。それで、ローザンヌ国際コンクールと、フィギュアスケート、新体操の世界選手権は、母私妹の女三人でお茶の間のテレビを囲み、わいわい言いながらそれぞれ贔屓の子を作って観ていました。中でも私の場合、『ファイブスター物語』の永野護の影響もあるのか、超人的な動きを強いて技術点の厳しい新体操の観戦が性に合っていたようです。1990年代末、ジュニア部門からシニア部門へ殴り込んで来たアリーナカバエワ選手の衝撃、憶えています。それまで誰を応援していたのかもう思い出せない……いや、エレーナビトリチェンコですけど。

自転車競技については他の質問をいただいたのでそちらで回答しますが、地上波でのツール・ド・フランス中継が充実していた頃、よく眺めていました。その後、友人に薦められて『シャカリキ!』を読んでさらなる過熱状態に。ちなみに、週刊少年漫画におけるスポ根モノ作品は結構好きなんですけど(読むだけなら)、あんまり実際の競技観戦まで掘り下げることはないように思います。ああ、『アイシールド21』を読んでいた頃にアメフトの試合を観に行ったのは楽しかったな。漫画で予備知識なかったら何を見ていいのかさっぱりわからなかったでしょうね。

こうして書き出してみると、私がかつて一度でも好きで観ていたスポーツには共通項があるように思います。圧倒的な強さを誇るスター選手が勝ちに勝ちまくる個人競技が大前提で、美学や芸術点といった曖昧な要素が観客だけでなく審判にまで加味され、ほんの時々は団体戦の側面も見せるのでグッとくる……というような。まぁスポーツはすべてそうだろと言われそうですが、ざっくり言って陸上や団体球技種目とは違う感じがします。

このところ漫画だと『ちはやふる』も愛読していて(あれはもはや少女漫画というより少年漫画だと思う)、あの「競技かるた」という世界は、私のこのツボに結構はまるんじゃないかと思います。これから観てみたいもの、と言われて最初に思い浮かびました。それから、最近になって「スキージャンプ女子」を観るようになりまして、これまた面白い。今後どんどん熱くなるジャンルだと思いますので、引き続き追いかけていきたいですね。

ザ・インタビューズ転載日記(高橋徹也2)

高橋徹也さんに惹かれるきっかけとなった一曲や出来事などはありますか。

 

すみません……これきっと、ベストアルバムの企画が出たから、高橋徹也ファンコミュニティを盛り上げようと思って投げられた質問ですよね。それに応えたい気持ちは私にもあって、他はともかく高橋徹也さんに関しては、できること何でもしたいなと思っても、いるのですが……。

やっぱり「既出の質問とあまりにもよく似た質問」については、過去の回答を貼ることで対応させていただきたいと思います。ぐぐれば出てくるものですし。


▼高橋徹也さんを好きになったきっかけを教えてください。また、彼のことを知らない人に彼の魅力を伝えるとき、どのように説明しますか?
https://okadaic.net/archives/2041


普段だったら「過去ログ読めよバーカ」で片付けるのですが……。せめてもの罪滅ぼしに、ベストアルバム企画へのリンクを貼っておきます。少しでも宣伝の一助となれば幸いです。いや、ごめんなさい、このタイミングで高橋徹也について語ることの必要性は、私も重々承知しているのですよ……でもやっぱり、同じ質問に二度答えるほどこのサービスにハマッてるかというと全然そんなことないので……。

==================================
■Best ALBUM 『夕暮れ 坂道 島国 惑星地球』
1996年デビュー、Sony Music在籍時に発表した作品の中から、高橋徹也本人が選んだキャリア初のベスト盤。完全未発表音源「愛の言葉 (long version)」、さらにアルバム未収録のシングル&カップリング曲「真夜中のドライブイン(single version)」「人の噂」、「ナイトクラブ(jazz version)」を含む 全13曲を予定。全曲リマスタリング、Blu-spec仕様。そしてシングルリリース時に制作されたミュージックビデオ&TVスポットを初DVD化!!
【豪華特別仕様!】
・高橋徹也本人による全曲解説付き
・全曲コード譜付き
・オリジナルニュージャケットデザイン
※この作品は皆さんの投票によって商品化される企画です。規定数に達したところでの発売となります。皆様、下記サイトより、ぜひエントリーをお願いいたします。
http://www.sonymusicshop.jp/m/item/itemShw.php?site=S&ima=2310&cd=DQCL000000416
==================================

ザ・インタビューズ転載日記(レミゼ映画)

トム・フーパー版レミゼに関して思うところは?理想の映画キャストなどありますか?



完成が楽しみなので、あんまり先行情報をチェックしすぎないようにしています。今までの映画化についても、そんなに思うところはないんですよね。どれが一番いいかというよりは、どれもこれもいいよね、というくらいの気持ちで観ています。

理想の映画キャスト、というのは難しいですが、せっかくミュージカル版を下敷きにするというのに、アンジョルラス役がラミンカリムルーにならなかったこと、マリウス役が石川禅にならなかったことは、非常に残念ですかね……。とか、まぁ口で言ってる分には気楽ですが別に本気で思ってるわけではありません。

===

どうも先日『レ・ミゼラブル』関連の質問をたてつづけに連投なさった方がいるようで、一つ一つの回答についてついつい投げやりになってしまっていてすみません。一度にあれこれ訊かれても疲れちゃうものですねぇ。一日に複数件のインタビュー取材を受けて同じ出演作品について延々と似たような話を繰り返してプロモーションしないといけない女優さんとかが、途中からものすごく不機嫌になる理由が、初めて実感としてわかってきました。こんなことで疲れを露にして週刊誌に「ワガママお騒がせ女優」みたいに書かれるんじゃあ、そりゃ可哀想だよなぁ。笑。

今日はひとまずここまで、同時期にいただいたと思しき、おそろしく時間がかかりそうな別のレミゼにまつわる質問の数々は、先送りとさせていただきます。何年かして気が向いたら答えるかもしれません。こういうのって、思い出した頃にたまに投げていただいたほうが、長文を書くようになったりすると思いますよ。映画本編を観たらちゃんとした感想を書きたいな。

ザ・インタビューズ転載日記(レミゼ登場人物)

レミゼの登場人物で、一番好きな人、感情移入してしまう人、憧れる人を教えてください。



あんまり考えたことなかったな……『レ・ミゼラブル』のことですよね。原作とミュージカルどちらでもいいのでしょうか。

「一番好きな人」、これはジャンバルジャンでしょう。舞台化されてからはとくにジャベールのほうが人気が高いと思いますけれども、私はおそらく『レ・ミゼラブル』を「ジャンバルジャンの物語」として好きなので、二番とか三番とか、登場人物を比較して考えたことはなかったかもしれない。

「感情移入してしまう人」、これは多くの女子と同じく、エポニーヌ、ということでよいです。子供の頃に島田歌穂の歌唱で初めて聴いて以来、ミュージカル版の「On My Own」は実人生の恋愛観にも少なからぬ影響を及ぼしたりしている曲だと思いますよね。

「憧れる人」……鹿賀バルジャンにくるくる回してもらうリトルコゼット……? あ、そういう話じゃない? なんだろう。アンジョルラスは、実生活で彼のようになりたいと思うタイプの英雄ではないですよね。自分とはかけ離れているがゆえに、ジャベールみたいな人生はどうだろうと思うことはあるけど、それは憧れというのにも違う。マリウスは恵まれた登場人物だと思うけど、一人生き延びる、という彼の人生も特別に羨む気にはならないな。

うーん、じゃあいいですよ、リトルコゼットで。本作において「死まで含めて生を全うした」人は多々あれど、「生きている間に救われた」登場人物というのは少ないから、物語の中の出来事を現実に移し替えて自分自身が「よりよく生きたい」と願うとき、私はたしかに、彼女のようでありたいと思うかもしれませんね。逆に言うと、そういう気持ちにさせてくれない役者が演じるコゼットとかマリウスとかって、マジでイライラしますよねー、と、それはまた別の話。