2020-01-10 / 「疲れたときは映画」2020

今年から心を入れ替え、映画とか芝居とか本とか漫画とか音楽とか、感想をちゃんと書こうと思ってはいるのだけど、ここに書くだけだと自己完結しちゃって新しい見方を取り入れなくなると思うので、やっぱり主軸はTwitterのままかなと思う。以下に貼ってあるやつをクリックすると無駄に長いスレッドに飛ぶぞい。昔書いたやつは「うるおう感想」(仮題)というカテゴリから辿れるようにしています。学生時代の自分用メモなので、ろくな文章ないけど、そのうち商業媒体に書いた古い記事なども増やせれば。映画は、はてなダイアリー書いていたときに使ってた「疲れたときは映画」というタグもつけておく。

映画『ワンスアポンアタイムインハリウッド』+α

じつは、正月から突然始めても三日坊主できっと続かないに違いない! ソースは俺! と怯えて、年末あたりから助走期間としてちょこちょこ記録を付け始めてはいた。「年間何本観る」みたいな目標は不毛なのでやりません。このところ観た中で選ぶなら『2人のローマ教皇』『マリッジストーリー』かなぁ。『タンデム』『列車に乗った男』は殿堂入りなので。『ROMA』もよかったけど、話題になってるときにちゃんと観て人と感想を語らいたかったな。


で、最近はBUCK-TICKばかり聴いていた。BUCK-TICKについて書いた文章が、そのうち雑誌に載る予定。未来派マニフェスト。担当の方が「以前の原稿を読んで依頼しました」と言ってくださったものの、こんなテーマで原稿を書いたことは一度もない……ので、何かTwitterのことだと思うんだが、あんなん読んでよく依頼しようと思うものだよ、懐が深いな……。「ザ・インタビューズ」(過去ログを少しずつ転載中) かどこかに「THE BOOMはBUCK-TICK、BUCK-TICKはTHE BOOM」といういつもの持論を書いた記憶があるんだけど、それも見つけられず。仕方なく、ゼロから書いた。本当に何聴いてもかっこいいバンドだよね。「JUST ONE MORE KISS」「惡の華」しか知らないような人たちによく笑われるんだけど、心底ムッとするよ。是非ともちゃんと最新の新譜を聴いてほしい。そしてそんなあたりもまたTHE BOOMと似ている。「島唄」「風になりたい」だけじゃないぜ。


Gutenbergに慣れるためにも日記を続けたいと思ってはいるが、かれこれもう数日はろくに外出していないので、とくに書くことがない。こんな引きこもり生活を続けて、来週から日本へ行ったら急に社交好きな人のように変貌するのだから、茶番。一切は茶番である。別に鬱ではないです。終えるべきことが何一つ片付いていないのに、飲み会しましょうイェーイ、なんてメールやLINEだけはせっせと交わしている、それで何かをした気になっている、自分に嫌気がさしているだけ。

こんなときいつも大長編『ドラえもん のび太の大魔境』に出てくる「先取り約束機」を思い出す。「後で必ずみんなと会って遊ぶから、今みんなと会って遊んでいる気分になりたい!」と頼んでいる感じ。使い方によっては一度のコストでハッピーを先取りできて、同じことを二度楽しめるという機械なんだけど、現実からの逃避に使っていいものやら。しかし人間40歳近くなっても、自分の身に起きていることを、ひみつ道具になぞらえて思い出したりするもんだね。

トランシーバーに似た形の道具。これに言葉で「後で――するから、――したい」と約束事をすると、その行為に対する結果をその場で実現できる。


↑この「特定の書式設定されている中ではCSSいくらいじってみてもURLが折り返されない」というのと、あと「URL埋め込みしたブロックがプレビュー画面で正しく反映されない」というの、バグなのかしら。メモ。

Tweetをまとめる試み『妻の通訳』

本日は一部業界にとってはお祭り騒ぎの日であるというのに、華麗に代休をキメこんだ岡田育です、こんにちは。ラジオの話はもういいじゃないですか……ポッドキャスト版が公開になったようなので、後でちゃんと聴きなおして、そして反省文を記しておきます。その前に『写真の飛躍』展の感想文提出ね。忘れてないよ。やってないだけ。
(さらに…)

1/13、TBSラジオ『柳瀬博一 Terminal』に出演します

お知らせ。明日13日の金曜日(不吉)、TBSラジオの情報番組『柳瀬博一 Terminal』(18:00~20:00)に出演いたします。メインパーソナリティは日経ビジネスオンラインのプロデューサー・柳瀬博一さん。番組ホームページはこちら↓

柳瀬博一 Terminal
http://www.tbsradio.jp/tmn/
(@Terminal954/ハッシュタグ#tmn954)

(さらに…)

「私がTwitterを使うのをやめるとき」その他の考察

オゥフ……はてなブログはてなダイアリーと違って、過去の日記を書くこともできないのですね……その日にあったことをその日のうちに書かないといけないのですね……というわけで、正月三が日でさっそく三日坊主になりました、岡田育です。

1月2日の夕方に私がTwitterでつぶやいていた内容を、 id:kanose がtogetterでまとめて記事にしてくださいました。ありがとうございます。

▼人がいなくなって廃墟のようになってもTwitterを使っているのか?という質問に対する岡田育さんの返答

http://togetter.com/li/236495

昨年末、グローバルユース忘年会に参加して年下の男の子たちと議論を交わした際、おねえさん上手に喋れなかったのでアウェーからホームに戻ってつらつら言い訳を考えてみるよ(Twitter弁慶乙)、といった内容のものです。元の質問について言葉足らずの部分があり、補足してもう少し真面目に考察したものをブログに書こう……と思っていたのですが、早い話が先を越されました。ヨッ、さすが名編集者! 先にまとめ記事を作られてしまったので、もういいか、という気分になっています(←何でも他人のせいか)。

10代20代から英語圏にどっぷり身を置くと同時に完全なデジタルネイティブで、東大程度の大学や国内の一流企業ごときなら目を瞑ってでも入れてしまう、末は博士か大臣かという若者たち、しかも全員イケメン……ほんの数年前までなら自分の境遇と引き較べて「すいませんすいません私が同じ席に座っててすいません」となるところですが、年下だと思うと気楽なものです。もはや世代が違いすぎて、直接競争して焦燥感や劣等感を感じる必要がありません。言葉に詰まったらとりあえず「日本の未来は貴兄等の双肩にかかっておるのだ!」と言い放っておきました。何度も。

どうしてこんなことを書いたのか、というと、この日はそれ以前に、はるかぜちゃんこと春名風花さんの職業意識に触発されて書いた「出版業界で初版6000部の本を売ることについて」があり、その前日からはオウム真理教平田信容疑者の出頭に寄せて書いた「私とオウム真理教とものを書くことについて」があったのです。そのどちらか一つが欠けても、昨年末の出来事をこんなふうには思い出さなかったと思います。どんな流れだったのかはtwilogでご確認ください。こうやってタイムラインを流れていく時事の話題についてTwitterでつらつら綴っているうちに、まとめて一気に読むとそこそこ面白いものが形成される、というのがここ数年の物事を考えるスタイルになっています。それを打破しなくちゃね、という意味で元日の記事を書いたのですが、さっそく頓挫しそうですね。

http://twilog.org/okadaic/date-120102

昨日1月3日は、東京都写真美術館で開催中の「写真の飛躍 日本の新進作家展vol.10」展のフロアレクチャーに参加して来ました。とても見ごたえのあるいい写真展です。終わってから、ものすごい来場者数に対するネットでの反響のあまりの少なさを嘆く出展作家さんたちと「写真について言葉にする」ことの難しさについて話していたので、機を見てこの写真展の感想を「言葉で」記事にできたらいいな、と思っています。これは予告じゃなくて自分自身への脅しですよ。

http://www.syabi.com/contents/exhibition/index-1450.html

春よ来い

一日に二度、記事を書くとどうなるかのテストですよ。

あれ? movie記法には対応してないのかな?

というか、カテゴリ記法もないの? mjd?

https://www.youtube.com/watch?v=dYxBPAUifTU

お正月と云えば
炬燵を囲んで
お雑煮を食べながら
歌留多を していたものです
今年は一人ぼっちで
年を迎えたんです
除夜の鐘が寂しすぎ
耳を押えてました
家さえ飛び出なければ
今頃 皆 揃って
お芽出度うが云えたのに
何処で間違えたのか
だけど全てを賭けた
今は唯やってみよう
春が訪れるまで
今は遠くないはず
春よ来い

(春よ来い/詞:松本隆

今年の正月はまさにこんな感じで過ごしますので探さないでくださいね。

それにしても広告が邪魔だぬ。