2020-01-10 / 「疲れたときは映画」2020

今年から心を入れ替え、映画とか芝居とか本とか漫画とか音楽とか、感想をちゃんと書こうと思ってはいるのだけど、ここに書くだけだと自己完結しちゃって新しい見方を取り入れなくなると思うので、やっぱり主軸はTwitterのままかなと思う。以下に貼ってあるやつをクリックすると無駄に長いスレッドに飛ぶぞい。昔書いたやつは「うるおう感想」(仮題)というカテゴリから辿れるようにしています。学生時代の自分用メモなので、ろくな文章ないけど、そのうち商業媒体に書いた古い記事なども増やせれば。映画は、はてなダイアリー書いていたときに使ってた「疲れたときは映画」というタグもつけておく。

映画『ワンスアポンアタイムインハリウッド』+α

じつは、正月から突然始めても三日坊主できっと続かないに違いない! ソースは俺! と怯えて、年末あたりから助走期間としてちょこちょこ記録を付け始めてはいた。「年間何本観る」みたいな目標は不毛なのでやりません。このところ観た中で選ぶなら『2人のローマ教皇』『マリッジストーリー』かなぁ。『タンデム』『列車に乗った男』は殿堂入りなので。『ROMA』もよかったけど、話題になってるときにちゃんと観て人と感想を語らいたかったな。


で、最近はBUCK-TICKばかり聴いていた。BUCK-TICKについて書いた文章が、そのうち雑誌に載る予定。未来派マニフェスト。担当の方が「以前の原稿を読んで依頼しました」と言ってくださったものの、こんなテーマで原稿を書いたことは一度もない……ので、何かTwitterのことだと思うんだが、あんなん読んでよく依頼しようと思うものだよ、懐が深いな……。「ザ・インタビューズ」(過去ログを少しずつ転載中) かどこかに「THE BOOMはBUCK-TICK、BUCK-TICKはTHE BOOM」といういつもの持論を書いた記憶があるんだけど、それも見つけられず。仕方なく、ゼロから書いた。本当に何聴いてもかっこいいバンドだよね。「JUST ONE MORE KISS」「惡の華」しか知らないような人たちによく笑われるんだけど、心底ムッとするよ。是非ともちゃんと最新の新譜を聴いてほしい。そしてそんなあたりもまたTHE BOOMと似ている。「島唄」「風になりたい」だけじゃないぜ。


Gutenbergに慣れるためにも日記を続けたいと思ってはいるが、かれこれもう数日はろくに外出していないので、とくに書くことがない。こんな引きこもり生活を続けて、来週から日本へ行ったら急に社交好きな人のように変貌するのだから、茶番。一切は茶番である。別に鬱ではないです。終えるべきことが何一つ片付いていないのに、飲み会しましょうイェーイ、なんてメールやLINEだけはせっせと交わしている、それで何かをした気になっている、自分に嫌気がさしているだけ。

こんなときいつも大長編『ドラえもん のび太の大魔境』に出てくる「先取り約束機」を思い出す。「後で必ずみんなと会って遊ぶから、今みんなと会って遊んでいる気分になりたい!」と頼んでいる感じ。使い方によっては一度のコストでハッピーを先取りできて、同じことを二度楽しめるという機械なんだけど、現実からの逃避に使っていいものやら。しかし人間40歳近くなっても、自分の身に起きていることを、ひみつ道具になぞらえて思い出したりするもんだね。

トランシーバーに似た形の道具。これに言葉で「後で――するから、――したい」と約束事をすると、その行為に対する結果をその場で実現できる。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%89%E3%83%A9%E3%81%88%E3%82%82%E3%82%93%E3%81%AE%E3%81%B2%E3%81%BF%E3%81%A4%E9%81%93%E5%85%B7_(%E3%81%95)#%E5%85%88%E5%8F%96%E3%82%8A%E7%B4%84%E6%9D%9F%E6%A9%9F

↑この「特定の書式設定されている中ではCSSいくらいじってみてもURLが折り返されない」というのと、あと「URL埋め込みしたブロックがプレビュー画面で正しく反映されない」というの、バグなのかしら。メモ。

第21期竜王戦が終わった。

うごメモはまだ触れないので感想保留。さあ仕事のふりタイムから本気で仕事しないタイム突入! 世紀の瞬間!… about 4 hours ago from tw.ah-huh.net

タイムラインだと流れていってしまうので、将棋クラスタの皆様の個別ページを別窓で開きました。タブずらり。なんというか、職場に居ながら「カウチポテト的な意味で」というフレーズが思い浮かんだ。… about 3 hours ago from web

うまく呼吸できなくなってきた。 about 2 hours ago from web

うああああ! about 1 hour ago from web

あああああああああああああーーーーーーー!!(94手目までの残り時間しか表示されてないのに107手目が!)… about 1 hour ago from web

この、10分前との駒台の状態の差よ。 about 1 hour ago from web

続) 90手台くらいに戻したら、そこから何が起きたのか全然わからなくなってしまった。 about 1 hour ago from web

@shogitygoo ありがとう、また見えています。自動更新30秒の長いこと長いこと。 about 1 hour ago from web in reply to shogitygoo

職場にて私が奇声を発するので残業組がいちいち覗いてくる。「勝ったの!?どっち!?」「まだだああああ!!」… about 1 hour ago from web

プロ棋士が発狂するのに、われわれがおかしくならずにおられようか!!! 43 minutes ago from web

将棋クラスタと、よそとの温度差が異常。異常!!発狂します!!!! 35 minutes ago from web

歴史が作られた瞬間を、見ました。この目で。ナマじゃないけど。リアルで。 30 minutes ago from web

ここで梅田さんの一言

歴史はまだまだ続いていく。 http://twitter.com/mochioumeda/status/1064677811

そう、歴史は続いていく。 28 minutes ago from web

わたし本当に将棋のこと全然わからないんですよ、何度も何度も何度でも書きますけど。でも、今なんか「年を取った」感じがした。10月のパリが遠い。この道は2009年に続いている。… 26 minutes ago from web

そう、言い忘れていた、渡辺竜王、防衛おめでとうございます。初代永世竜王、歴史に残る三連敗四連勝、本当におめでとうございます。早く次の羽生vs渡辺が見たい、 @shogitygoo の仰るとおり。歴史は続いていく。熱戦をありがとうございます。… 9 minutes ago from web

何をしていても放心状態です。
あと、佐藤棋王の発言があまりにもかっこよすぎるので貼る。
将棋界、なんなんだこれは、面白いよ、面白い。

佐藤棋王「この将棋は渡辺さんは負けを覚悟していたと思う。そこであきらめないで気持ちを切らさず指したことが羽生名人のミスを誘った。歴史に残る将棋でしたね。二転三転したと思いますが、並べているだけで両者の想いが伝わる。劇的な幕切れで、互いに実力、運、執念、気力などあらゆるすべてのものを取り入れた結果、渡辺さんが4勝3敗の僅差で防衛しましたね。おめでとうございます。すごい将棋、すごいシリーズでしたね。私もまた頑張りたいと思います」

清水女流王将「七番勝負を振り返っていかがでしたか」

佐藤棋王「渡辺さんが3連敗をしたときは別の心配をしていたが…、しかし、やはりすごいですね。ただ感嘆するよりないですね。すごいの一言以外に言葉が出てこないですね。普段、人の将棋で寝付けないというのはないが、今日は興奮して眠れないかもしれない

http://kifulog.shogi.or.jp/ryuou/2008/12/post-335e.html

佐藤棋王の忘れられない言葉
「渡辺くんは強いです」(要出典、だけど昨年の竜王戦についてかな)が、
今日に繋がるように思う。

「小室哲哉とは何だったのか」@阿佐ヶ谷ロフトA

たくさんのご来場ありがとうございました。
一番熱中していたのは小中学生の頃だし、最近は追いかけていないし、
自分ではTKオタクだなんてまったく思っていなかったのですが
公衆の面前で「いやいやいや」とツッコミを受けて少し自覚しました。

出演者の感想を書きたいと思っているのだけど
ちょっと……時間の使い方が下手で、いつになるやらわかりません。
mixiの告知文をこちらに載せていなかったことに今日気づいたくらいで。
思い出したことはtwitterに随時書いておきますね。↓

小室哲哉イベント@阿佐ヶ谷ロフトA、多数のご来場に感謝! 俺の哲ちぁんフォルダが火を噴いたぜ! 誰に頼まれてもいないのにOJと化していた。※OJ=ハイテク機器OHPとハンドテクを駆使した動かないVJ。←中学校の教室の隅かと。
https://twitter.com/okadaic/status/1029461057

目についた感想など集めてみました。
皆さん口を揃えて「FANKS!の人がキモイです」と……ありがとうございます。

▼深夜徘徊 – okadaicのブックマーク – 081129イベント
http://b.hatena.ne.jp/okadaic/081129%E3%82%A4%E3%83%99%E3%83%B3%E3%83%88/

「1974生まれの華原朋美は、sixteenから運命づけられた哲ちゃんの恋人」
という話など、妄想が暴走しすぎてお客さんほとんど意味わからなかったと思います。

津田さんと栗原さんに初めてお会いした先週末、殿方二人に大爆笑されましたよ……。
「多摩の王子様→小室帝国皇帝→すぴのふTM浅倉大介皇太子待望論」も、
まさか笑いがとれるとは。やっぱりヘンなのか私……。無自覚って怖いですね。

過去記事が読みたくていらした皆様には大変申し訳ないですが、あんまりないのです。
日記およびtwitterログの「小室」検索結果だけ貼っておきます。うっすら腐女子注意。

http://d.hatena.ne.jp/okadaic/searchdiary?word=%BE%AE%BC%BC&.submit=%B8%A1%BA%F7&type=detail
http://twitter.g.hatena.ne.jp/okadaic/?word=%E5%B0%8F%E5%AE%A4

本当に楽しかったです。また何かの機会にご一緒できたら嬉しいです。
それでは取り急ぎ。

冷牟田竜之、スカパラ脱退

正直な気持ちを書こう。
ひやむっち*1のいないスカパラなんて、
考えられない。うわー! もう何も考えられない今は。
「WORLD HAPPINESS」でのGANGA ZUMBAとの対バンを楽しみにしていたのに。
もう、赤い薔薇は飛ばないし、ウルフは吼えない。のか。
ひたすら寂しい。本当に寂しい。

http://media.tumblr.com/mKajOvOngbifoi1gvK2xF2Tm_400.gif

http://www.tokyoska.net/080717.html

私はけっして古参ファンではない。
10代初めの頃にギムラさんのクリーンヘッドに一目惚れして
ファンになったのは渋谷系以降という典型的な〈花ふぶき世代〉。
00年代の歌モノ連作でブレイクした今となっては笑い話かもしれんが
90年代半ばから後半、ライブ行くとあからさまに周囲の客から
うわー新参者が来たなー、という顔をされたりした。

そして、そんなファン歴の浅い私でさえ、
「そこに居て当たり前の人が、もうそこに居ない」
という寂しさを、何度も何度も繰り返し味わって、
乗り越えてまだしつこく彼らのファンで居続けている。
東京スカパラダイスオーケストラは、そういうバンドだ。

一番好きだった青ちゃんこと青木達之が亡くなってから10年近く
そんなに熱心に追いかけているわけではないけれど
ほかの好きだったバンドが解散したり活動休止したりするなか
現役で、走り続けてくれているからこそ、スカパラが好きだった。
多少のメンバーの入れ替わりなんてすぐに慣れてしまって
彼らの音楽の歴史に身を浸してきた。

昔の人々を忘れたわけじゃない。今でも恋しい、懐かしい。
でも、新メンバー体制の演奏を悪しざまに言う古参は、じつにうざい。
奴等はそれでも走ってんだよ! そんなこと中途組の私でも、わかってる。
だから平気。スカパラファン、激動には慣れてるよ。

……しかし。しかしなぁ!! 何も冷牟田がいなくなるこたねーだろ!!

最近は、アジマンひやむーが精神的バンマスなんだと思っていた。
00年代のスカパラは、ひやむっちを中心に回ってきたと見える。
単にフロントに立ってただけとも言うが(笑)、それでもいいんだ!
90年代後半、怪我していた時期の「不在」はとにかくこたえたし、
たとえ椅子に座ったままでも、いまだに脚にボルト埋まったままでも、
ステージに復活してくれたのが、本当に本当に嬉しかった。

明らかに若返った客層にビクビクしながら今でもたまにライブ行くが、
昔のように飛び跳ねなくたって、どんなに全体の音が変わったって、
中央に杖を掲げたひやむっちがピシッと立っているだけで、
「ああ、これが、これこそがスカパラさんですよ。」と思えていた。

だから、あのときや、このときや、そのときと同じように
「冷牟田が脱けると別のバンドになっちゃうんじゃないか」
という心配は、やっぱり拭えないから、つい声を荒げてしまう。
こんなこと何度もあった、どうせ、すぐ杞憂に終わるのだ、
ちょっと懐古厨のタメイキが増えるだけだ、とは思うのだけど。

しかし一方で、こうも考える。
怪我の治療に専念できるのは、冷牟田が生きている証拠だ。
生きているなら大丈夫。生きてさえいれば何とかなる。
この人の前には、進んでいくべき未来がある。だからとやかく言わない。
何を湿っぽいこと言ってんだと思われるかもしれないけどね。
なんとしても、湿っぽくはなるわな。

長い間、素敵な音楽を本当にありがとう、お疲れ様でした。
いったい何を焦ってんだ、のんびり治療すりゃいいんだ、
そうしていつか、絶対にステージへ戻って来い。

(……で、「MONSTER ROCK」のアジは誰がどうするの?はじめちゃん?)
(↑と、やっぱりその後の心配をしてしまうなぁ)

*1:こんな妙な愛称で呼んでいるのは私と友人たちだけだろうが……ひやむっちはひやむっちです。

ファンフィクションは突然に/使徒トマスと女子校の授業

二次創作はいい。同人誌精神はいい。『カチカチ山』は太宰に限る。
というわけで、とてもいい使徒トマスの「SS」を見つけたので貼っておく。
私、好きな使徒は聖トマスなんですよね。何度も書くけど。
実像わからないから微妙ですが一種のロールモデルと言えるかもしれない。
少なくとも、マスメディア関係者の守護聖人として祀り上げればいいと思う。

確かに師が私に仰ったとおり、見ないで信じるほうが、見てから信じるより何倍もまさっている。しかし私は、見た以上は信じたのだ。私と兄弟たちのいったいどちらが、不信仰だろうか。

聖書を遊ぶ 第4回「使徒トマスの反論」

http://www.nunochu.com/bible/73_laugh/laugh004.html

使徒トマスの一ファンとしては、まったく賛同するばかりです。
それにしても、狂信者たちの教祖ラブ自慢合戦は本当に萌えるなぁ。
新作BLとか要らないんですよ。古典の二次創作だけでお腹いっぱい。


古典の二次創作だけでお腹いっぱい、という話。
私が最初にそう感じたのは、女子校で受けた古典の授業だと思う。

国語の授業中に「漢詩を現代語訳する」という課題が出たことがある。
もとの詩が誰の何だったかはきれいに忘れたけど、
ま、旅立ちの朝に無二の友との別れを惜しむ系の、いつもの例のアレ。
ええ、私も腕をふるって、一人称小説仕立ての長文を書きましたよ。
うんとせつない、あまずっぱいやつを。キュンキュンしながら。

そもそも女子校の古典や漢文の授業中はしょっちゅう嬌声が上がるのです。
「友愛の表現が大袈裟すぎだろ」「男同士でキモくね?」といった意見と
「……だが、それがいい……!」という一部の困ったお嬢さんたちの雄叫びが
男子の目を憚る必要のない教室で、あまりにも素直に表面化するのですよ。

まぁ、それはさすがに事実を少々誇張した表現ですが、でも事実です。
だって私が記憶する限り、中高6年間の古典の授業で
最も教室内が盛り上がったのは、平家物語「木曽殿の最期」だもの。
たとえ嫁とは離れ離れになっても、今井四郎とは生涯一緒。
「マジやばくなーい!?」「つうか男同士の友情濃すぎ!ついてけない!」
と、非オタの女生徒まで(嘆息しつつも)頬を紅潮させていたものです。

あんたたち、そんなんで興奮してるなら「桃園の誓い」はマジやばいわよ、
という女教師の古典への招待の仕方も大変香ばしいものがあったと記憶する。
三国志の三傑が三つ巴で異口同音にプロポーズ、略して3P!(待て

あと学校の図書室で水墨画か何かの資料を見ながら
「なんで『竹林の七賢』の脇には必ず美少年が侍ってるんだ、くそっ」
とか萌えまくっていたのも昨日のことのように思い出されます。
多感な10代の女の子ってそんな感じです。……え、私だけ?