2018-05-15 / トークイベントのお知らせ、装幀のことなど

5月末新刊『天国飯と地獄耳』着々と進んでおりまして、これはカバーの色校、印刷がちゃんと出ているかチェックするための試し刷り。私は直接見ていないのだが、担当編集者さんが写真に撮って送ってくれました。モックアップ(見本)よりも落ち着いた色合いで、紙の具合も良さそうですね。

じつは当初、「せっかくグラフィックデザイナーなんだから『著者自装』でどうですか?」と言われたのだが、今回は本当に、名久井直子さんとタダジュンさん、そして担当編集の渡邉さんにお任せしてよかった……。自分でやるとなると、装画の打ち合わせも、紙材選びや試算や業者とのやりとりも、全部リモートで指示を飛ばさないといけない。ニューヨークで印刷製本するならまだしも、これは厳しい。自分一人で書いて送ればよい原稿とは全然違うのだ。『オトコのカラダはキモチいい』文庫版に引き続き遠隔地からのやりとりだが、東京にいるとついつい何にでも口を挟んでしまう私は、やはりこのくらいの距離感がよいのかもしれないなと再認識した……餅は餅屋ですよ。

で、この感じ、何かに似ているなと思ったら、テレビ番組に出ていた頃の衣装合わせだった。最初はすべて私物で行くつもりだったのが、いろいろあってテレビ業界を知り尽くしたプロのスタイリストさんがついてくださり、自分では絶対に選ばないようなブランドの、でも着てみると非常にしっくりくる服やアクセサリーで、毎回ガラッとまるで違う人間に変身させてもらっていた。スタジオセットと喧嘩しない色味、年齢や性別や肩書きを視聴者に誤認させない情報操作、あるいは個別具体的な容姿外見のアラ隠し、などなど、私一人では到底御しきれない、TPOや細かなルールがたくさんある。しかも、CM中に着衣の乱れを整えてくれたりもするんだぜ(本人は話すのに夢中で服のことなんか考えていられない)。既製服を着ているだけでも、役割期待ありきという意味では、舞台衣装などと同じ。

「なんでも口を挟めばいいってもんでもないなー」と痛感した。自分にヴィジョンがあったとしても、それが最適かどうかなんてわからない。むしろ、私自身ではない誰かプロに提案してもらうほうが、ずっと斬新で、そして、私自身ではない誰か視聴者や読者の目に、しっくりくるものが完成するに違いないのだ。しかも書籍の装幀ともなれば、スタイリングや舞台衣装ともまた違う、いわばオートクチュールの一点物である。手放しで絶賛するけど、この表紙、かわいくて怖くて、禍々しいなかにも食欲がそそられて、罪深くもイノセントで、最高じゃない!? 雑誌連載ともウェブ連載とも違う新しい自分、誰より楽しみにしているのは著者本人です。


と、ファッションの話に引きずられているのはなぜかというと、下記トークショーへの登壇が決まったからでもある。大手小町連載『40歳までにコレをやめる』に多大なる影響を与えた「先輩」の一人、トミヤマユキコさん『40歳までにオシャレになりたい!』の刊行記念イベントで、奇しくも発売日が同じ『天国飯と地獄耳』も先行販売していただけることに! やったー! 5/27の「待ち合わせ密売会」とハシゴしてくださるもよし、日曜日に予定がある方はこちらへ駆けつけていただくもよし。併せてよろしくお願いいたします!

『40歳までにオシャレになりたい!』刊行記念
「40歳までに身につけたいこと、手放したいもの」
トミヤマユキコ × 岡田育 トークイベント
2018/05/30 @青山ブックセンター本店
http://www.aoyamabc.jp/event/40/

トミヤマユキコさんの新刊『40歳までにオシャレになりたい!』発売を記念して、著者のトミヤマユキコさんと文筆家の岡田育さんがトークショーを実施します。
好き勝手に服を着て生きてきたせいで、大人のオシャレがわからない。グレーのパーカーばかり着てADにまちがわれていたトミヤマユキコさんが、自分のコンプレックスと向き合い、オシャレする喜びを再発見していく本書。
現在ウェブメディア『OTEKOMACHI』にて「40歳までにコレをやめる」を連載し、「下着の上下を揃えるのをやめる」「敬語は使わず不遜に生きる」など、自分を縛っていたさまざまな価値観を見直している岡田育さんをゲストに迎えて、アラフォー女性が自由に生きるために身につけていきたいもの、手放したいものについて考えていきます。
後半は、岡田育さんの新刊『天国飯と地獄耳』(キノブックス)の制作裏話も! 普段はニューヨーク在住の岡田さんとトミヤマさんのレア対談、必聴です!
※来場者にはオリジナルステッカーをプレゼント!
※トークショー後、対象書籍購入者様を対象にサイン会を実施します。
対象書籍『40歳までにオシャレになりたい!』(扶桑社)、『天国飯と地獄耳』(キノブックス)

活動履歴(2017年)

本年もお世話になりました。怒涛の大学生活からもやっと解放されたことだし本格的に活動再開、と思っていたのですが、やはりまだまだ二足の草鞋を履きこなして一足に束ねるところまでは至らず、という一年でした。前半はデザインの仕事に追われて疲れ果て、後半は『オカキモチ』文庫化を中心として日本時間で昼夜逆転の打ち合わせをすることが増え、なかなかまとまりがつきませんでしたね。
でも、よかったこともたくさん。英文tweetをきっかけに書いた英語記事「Otaku Girl And Proud」を結構な数の人に読んでもらえたので、今後もサボらずにMediumを続けていきたいと思います。パーソンズの教授と始めた「 #日本の漫画とファッション 」勉強会のようなことは、まだまだやっている人が少ない。今のところ一銭にもならないけど、2018年は軽く日英併記のZINEを出すくらいの活動につなげていきたいと思います。デザイン仕事の副産物も増えてきたし、とにかくモノを作って売ってみたい! という気持ち。
『ユリイカ』の志村貴子特集では論考とは名ばかりの自分語りエッセイをたっぷり書かせていただいて、20代の頃にメインフィールドの一つだった「女子校出身こじらせ」ネタについて、なんだか憑き物が落ちたような気分です。時を同じくして、長年愛読していた「SUUMOタウン」に母校のある街・四谷について寄稿できたこと、それで2017年人気記事ランキングに載ったことも光栄でした。本当はあの三倍くらい書きたかったんだけど、またの機会に。例のマンション建設問題も年内に落着したようで何よりですね。
一時はどうなることかと思った『オトコのカラダはキモチいい』増補完全版も無事に年内刊行されました。私にとって初めての文庫本です。共著者の連名なので、五十音順だと二村ヒトシさん扱いで「に」の棚に置かれるようです、チェックしてみてください。『ハジの多い人生』『嫁へ行くつもりじゃなかった』も、そろそろ廉価版になってもいい時期なんですが、有難いことに親本価格のままの電子書籍が今も動いてはいるので、一時代前のようには簡単に文庫版になったりはしないものなのかもしれない。というわけで、貴重な機会でした。
来年は『天国飯と地獄耳』の書籍化が控えています。これも最初の連載開始からはおそろしく長い時間が経ちました。正月からは新連載も始まります、こちらも……企画段階から紆余曲折して五年越しくらいになるのか……? なんとか年内に着地点を見つけたいところです。大人の事情により『女の節目』の書籍化が宙ぶらりんになってしまっているのもどうにかしたいですね。
過去に書いたものがどんどん自分の手を離れていっているように感じられる一年でもありました。生活環境の変化によって文体もずいぶん変わり、「書かないこと」のほうに意識的になる一年でもありました。エッセイストとして依頼を受けるようになって五年、「ひたすら自分自身の内面についてノンフィクションを書く」(評論やデータ分析の手法からは距離を置く)ことを厳しく自分に課していたのですが、来年はその辺りも少し柔軟に捉え直しつつ、一方で、ものすごく久しぶりにフィクションを書くことに手を出してみてもよいかな、と考えたりしております。まぁ、考えるだけならタダなんですけれども! ご意見ご感想、こんなものを書くと面白いんじゃないか、といったご提案もお待ちしております。2018年もよろしくお願いいたします!

*  *  *

書籍

キノノキ連載「天国飯と地獄耳」

cakes連載

その他の記事

解説&レビュー

  • 2017-03-30 webDICE「骰子の眼」に上記映画評が転載されています。→ 記事へ
  • 2017-04-05 映画『作家、本当のJ.T.リロイ』パンフレット寄稿
  • 2017-07-27 『本の旅人』8月号に書評を寄稿(二村ヒトシ『僕たちは愛されることを教わってきたはずだったのに』)
  • 2017-08-22 「カドブン」に下記書評が転載されています。→ 記事へ
  • note連載「35歳で、ガールと呼ばれる(仮)」

    Medium連載「Otaku Girl And Proud」

    イベント登壇&番組出演

    その他

    • 2017-05-20 前野ウルド浩太郎『バッタを倒しにアフリカへ』(光文社新書)の文中に名前が出てました。名著に名を刻めて嬉しい。
    • 2017-10-07 趣味のInstagramアカウントをもう一つ作りました。のら数字の蒐集。 → Wild Numbers

    活動履歴(2016年)*

    2016年の初めは渡米後半年、大学でも一学期目が終わり二学期目が始まったところ。まだまだ気が抜けない状態で、いろいろお休みしておりました。上半期は単発のお仕事を少しだけ受けたなか、署名原稿だと、古巣である中央公論新社の、退職直前まで所属していた部署から立ち上げられた新文芸誌『BOC』に書かせていただいたのが印象に残っています。あと高校生の頃からファンだった岩井俊二監督の新作に寄稿できたのも。制服着てパルコの『スワロウテイル』写真展へ行ったらナンパされた話を、とうとう書いてしまったよ! 下半期になると休載していたマイナビニュース『女の節目—人生の選択』が再開。学業との両立は正直めちゃくちゃキツかったです、執筆そのものというより、頭を日本語モードに切り替えることが。「外から見た日本について書く」「ニューヨークについて書く」という機会も増えてきました。
    ちなみに英語圏では、4/2-4/3に開催された、ソサエティオブイラストレーターズ主催「MoCCA festival 2016」(Metropolitan West)に、絵本『Tales Of Altitude (物語の標高)』を出展しました。平たく言うと「アメリカのコミティア」みたいなもので、大学が持っているブースに選抜作品として置かせてもらった感じ。いずれ、日米二つの活動履歴が一つになるとよいのですが!

    cakes連載

    マイナビ連載「女の節目−人生の選択」

    講談社現代ビジネス連載

    • 2016-11-27 講談社「現代ビジネス」寄稿(トランプ・ショックについて) → 記事へ

    その他の寄稿

    • 2016-04-01 雑誌『Cobalt』にエッセイを寄稿(初恋について)。Webマガジン化に伴い、紙媒体での刊行はこれが最終号とのことです。
    • 2016-04-25 中央公論新社の新文芸誌『小説BOC』vol.1にエッセイを寄稿しました。
    • 2016-06-28 『婦人公論』2016年7月12日号(6月28日発売)「海外女性通信」寄稿(三人称複数形について)。元担当ページなので感慨もひとしおだ!
    • 2016-18-16,17 BEST T!MES「秒速サブカル批評」寄稿(ポケモンGOと電源カフェ) → 前編 → 後編

    解説&レビュー

    • 2016-03-26 3/26公開、岩井俊二監督の映画『リップヴァンウィンクルの花嫁』パンフレットにエッセイを寄稿しました。
    • 2016-10-26 小学館『Domani』12月号、「フランス女性ブーム」について、談話掲載されています。「海外在住者」枠でコメントするのは新鮮でした。
    • 2016-11-30 『an-an』2031号(11月30日売)「恋の処方箋」特集、「映画、小説、歌から選りすぐり!あなたの背中を押してくれる名シーン16」に選書とコメントが載っています。

    イベント登壇&番組出演

    • 2016-03-19 2015年夏、日本女子大学人間社会学部文化学科、木村覚准教授のゼミにお邪魔して『ドラえもん』と『牧神の午後』に絡めつつ「腐女子」について対話してきました。学生との座談会の模様は「BONUS」というサイトで『岡田育さんに学生たちが聞いた「性愛と表現」とくにBLのこと』という記事になっています。 → (1) → (2)
    • 2016-07-21 TOKYO-FM『坂本美雨のディアフレンズ』出演
    • 2016-07-22 フジテレビ・ホウドウキョク『真夜中のニャーゴ』出演(アメリカ事情と『FAKE』とTMNについて)
    • 2016-07-24 ニコニコ生放送『オトコのカラダ*チャンネル』出演(キンプリについて)

    その他

    • 2016-08-14 『久谷女子便り』第9.5号「WEB女子の《日常》 」コラム寄稿、座談会参加 → 販売ページへ
    • 2016-12-30 『久谷女子便り』第10号「『シン・ゴジラ』と『君の名は。』」コラム寄稿、座談会参加 → 販売ページへ

    活動履歴(2015年)*

    こちらはまだ作業中……。
    (さらに…)

    活動履歴(2014年以前)*

    こちらも作業中です……とっちらかっててすみません。
    (さらに…)