ザ・インタビューズ転載日記(英語力)

英語力は、どのように磨き上げたのですか

後になって気づいたって遅いわ

後になって気づいたって遅いわ



……おまえは何を言っているんだ……?

すいませんこれ明らかに誤投だと思うんですが、いったいどこから何を間違って、私のところにこんな質問が飛んできたのでしょうか。英語力なんてまったく持っておりませんし、あの悪名高い日本の高校英語科で学んだことの名残が多少どこかにあったとしても、めっきり磨かなくなってはや十数年が経過しておるのですが。もしかして、この私を誰かと勘違いしているのでしょうか。だって「英語だけでもまじめにしておけば今ごろ私はカッコイイ国際人」ですよ、カッコイイ国際人はできるうちにしておいた勉強の成果を活かして世界に羽ばたいて、こんなところで日本語で何か書きながら油売ってる暇なんかないはずですよ。英語と数学と物理と化学と体育と政治経済と家庭と図画工作さえなければ、こんな私だってもう少しは学業成績がよかったんじゃないかと思います。いやーもうほんと、あれさえなければねー。

東南アジア系の民族に間違えられやすい顔立ちのせいか、見つめられたら目を逸らさずにガン見し返してしまうせいか、こいつは他の純粋ジャパニーズと何かが違いそうだからきっと英語も話せるに違いないという思い込みによって街中でいろいろな国から来た旅行者風の人たちに話しかけられる機会がやたらとあるのですが、道を訊かれたら両手と全身を使って「ゴー(右)! ゴー(左)! アンド、ゴー、ストレート(前)! 渋谷ステーション、イズ、ゼア!」みたいな調子で乗り切っております。大切なのはパッションです。バイリンガルの友人たちが英語で会話して盛り上がっていても、自分に水を向けられたら「うん、そうだね!」と一人だけ日本語で相槌を打ちます。Speak Japanese, Japanese!