nikki

〈よく読まれるもの〉

  • 2019-09-02, 09-03 / 石川禅5thソロコンサート
    ■はじめに  今年もまた行ってきました。地球の裏から飛行機とばして、世界のどこでも観られない唯一無二のソロコンサート。前回4thの感想では「もう(しばらく他の活動を休んでもいいから)CD出そうよ」と結論づけていましたね。 […]
  • 2018-02-17 / 戦火の夢、羽生と羽生、忙しなさ。
    そういえば14日の朝、久しぶりに大作の夢を観た。大戦下のヨーロッパ、多国籍軍の特殊部隊が急拵えで養成されるのだが、この養成機関は設立当初から何やかや陰謀が絡んでいて、いろいろあって中間管理職以下の若者たちが組織ぐるみで離 […]
  • 2018-02-06 / 私と私の遺影のこと(2018)
    一月の日本出張から無事帰国。滞在日記はのちほど書くとして、久しぶりに「遺影」を更新したので載せておく。いえーい。以前からお世話になっている資生堂フォトスタジオ、この時期は就職活動生で予約がいっぱいとのことで、午前中のうち […]
  • 2018-01-17 / 今日の2400字「孫と先生」
    母方の祖母が永眠した。享年90。ずっと施設に入っていて、親戚が面倒を看ており、東京の母も定期的に様子を見に行っていた。最期は安らかに呼吸が止まり、大往生だったという。海を越えて危篤の報を聞くたびにヒヤヒヤしていたのだが、 […]
  • 2018-01-01 / 今日の3000字「新しい旅」
    傍からは「ずっとどこかを旅している」と評される一年でもあった。といっても、日本に三回、ベトナムに一回、南仏に一回、と数えてみれば全然多くはない。合間は自宅にひきこもり机にかじりついて作業していたので当人に実感もない。仕事 […]
  • 2017-11-05 / 今日の1800字「繰り返す練習」
    先日からまた、ドローイングワークショップに通い始めた。金曜昼、大概は弁当持参で学校に出向き、三時間ひたすらファッションモデルを描く。最初の一時間くらいは「素体」でウォームアップ、ボディスーツのようなぴったりした服のモデル […]
  • 2017-10-19 / 絶やさない
    このところ在宅作業が続いていて、日記を書くモチベーションがまるでないのだが、「日記をやめる」ことができない、という感じの病に罹患し続けているので、何かしら書く。絶やさない。何もしないけど絶やさないことだけをする。 10月 […]
  • 2017-09-04 / フリーランス1年生
    ■サイト更新について またしても数ヶ月のご無沙汰、皆様いかがお過ごしでしょうか。前回更新時、フィードが不調と書いたのですが、記事のアーカイブ構造がガタガタになっていたことに気づかず放置したまま4ヶ月近く経ってしまいました […]
  • 2016-11-24 / 雨宮まみさん
     雨宮まみさんについて考えるときいつも浮かぶイメージがある。2011年の年末、初の単著『女子をこじらせて』の刊行に合わせて彼女は、「こじらせカフェ」というゲリラサイン会の告知をブログに投稿した。「特定の日時に喫茶店のテー […]
  • 2016-11-08 / 大統領選
     水曜日と金曜日は、徒歩20分ほどかけて13丁目の校舎へ登校する。火曜日と木曜日は、少し遠い16丁目の校舎へ登校するので、少し早めに出て地下鉄を使う。一駅乗って、ユニオンスクエア駅で下車。16丁目寄りの出口を出ると、地下 […]
  • 2016-11-07 / 夜の美術館
    11月5日。外出先から帰る途中、友人から久しぶりに連絡をもらう。親子でシティに来てるので会おうという話になり、19時過ぎにメトロポリタン美術館で待ち合わせ、21時の閉館まで館内で遊ぶ。ちゃんと会うのは初めての3歳児に、大 […]
  • 2016-09-14 / 右で凍らせ左で燃やす
    日記を書くのと刀剣乱舞とは週末のお楽しみ、という感じになってまいりました。薬研ニキの極実装まだですかね。 12日月曜日。ひたすら「Spatial Graphics」の課題、非接触部族に関する展覧会の空間デザイン。といって […]
  • 2016-09-09 / ベロニカは寝ることにした
    木曜2限はDavidHの写真の授業。じつは課題のセルフポートレイトに悩んで肝心の教科書をビタイチ読んでおらず、びくびくしながら行ったのだが、抜き打ちテストをされるようなことはなくホッと胸を撫で下ろす。DavidHは今日も […]
  • 2016-05-31 / ルールを作る、あるいは厨二病と敬語
    中学入学当初、先生や部活の先輩と距離を詰めたくて、わざと敬語を使わずに接していたことがある。いきなりタメ口というわけではなく、「質問して返事を請うときなど、相手へ投げかける言葉はデスマス」「不変の事実や、限りなく独り言に […]
  • 2016-01-29 / 私の三人称、あるいは給料泥棒
    さて、学事に呼び出されたという経緯はこうだ。新学期の全校メールで「セクシュアリティおよびジェンダーの関係で本名を呼ばれることを望まない学生は、これに真摯に対応する。通名使用の申請は、ただちにOFFICE OF INTER […]
  • 2016-01-28 / 電気をつける係
    春学期4日目。 朝から左肩の付け根が痛く、左腕がナチス式敬礼より高く上がらない。これが四十肩というやつか、アラフォーだもんな。でもその原因は、新学期にふたたび「ランドセル」を背負い始めたからなのだった。東京にいた頃からあ […]
  • 2016-01-24 / 「普通」と「贅肉」
    今の自分と似たような状況にある人が、今の自分とはまるで違う心境をインターネット上で綴っており、読んだ直後は「まぁそういう考え方の人もいるか」程度に思っていたのだが、幾つかの出来事が折り重なって、数日経っても頭を離れずにい […]
  • 2015-12-30 / バスを待つ黒い男
    私の住んでいるアパートはダウンタウンの大通りに面していて、神経質な人にはちょっと騒音がうるさく感じられるかもしれない。とはいえ日本の家屋にしか住んだことのない私にしてみれば、ニューヨークの窓ガラスの防音および防寒の効果は […]
  • 2015-12-30 / 「英語という障害」とInstagramのこと
    Instagramのフォロワーが1400人を超えた。最初は日本語で始め、日本語と英語を併記するようになり、今はほとんど英語だけで書いている。英語圏で新しくできた知人友人たちにとっては、私が最も頻繁に更新するSNSはIns […]
  • ザ・インタビューズ転載日記(HGN48総選挙)
    「あ」から「ん」までの五十音の内、一番好きな一文字は何ですか? うわー、即答できない! よい機会なので、ちょっとこの場を借りて「HGN48総選挙」してみていいでしょうか。長くなります。そして、たまたま48文字だから総選挙 […]
  • ザ・インタビューズ転載日記(宮沢和史)
    「モテ」とはどんな状態のことを指すのでしょうか。あなたの定義を聞かせてください。 自分にあてはめて回答するといろいろとややこしいことになりそうなので、私が考える「モテ」の権化である、ある男性の存在を使ってお答えしたいと思 […]
  • ザ・インタビューズ転載日記(高橋徹也)
    高橋徹也さんを好きになったきっかけを教えてください。また、彼のことを知らない人に彼の魅力を伝えるとき、どのように説明しますか? 私が高橋徹也さんの音楽と出会ったのは、表参道の河合楽器です。今ぐぐって調べてみて知りましたが […]
  • ザ・インタビューズ転載日記(学生時代)
    どんな学生時代でしたか? 思い出話などを聞かせてください 母娘揃って小学校の入学式に遅刻しました。他の新入生全員が教室の前で出席番号順にキチッと二列に並んで隣の子とペアを組んで手を繋いでいるところに、すいませんすいません […]
  • 学費ローン完済なう
    ただの身辺雑記です。有給休暇をとって昔住んでた町の銀行支店へ行き、大学大学院6年間分の学費ローンを繰り上げ返済してきた。繰り上げは2回目、今回で完済。アイスレモネードで一人乾杯して自転車で帰ってきた。こうしてみると想像し […]
  • 2009-07-12 / 私と私の遺影のこと(はてなダイアリー転載)
    ご無沙汰しております。今週末、まずはサンフランシスコ&シリコンバレー旅行記を書こうと思っていたのだが、FlickrとHDDフォルダを整理しているうちに、過去の写真をあれこれ見つけてしまい、また先週末、立教大学での伯父の講 […]
  • かわいいかんちがい(転載)
     うんと幼い子どもの頃、彼等は「イヴさん」と「ローラン」という仲良し二人組だと思っていた。イヴのほうがちょっと年上なので、礼儀正しいローランは先輩を「イヴさん」と呼んでいる。二人はパリに素敵なアトリエを持っていて、陽の当 […]
  • 形骸化した社会通念について考える。(1)女の子とイモ
     新聞を見ていて驚いたのが、「亜細亜某国にも焼きイモ屋があって、やっぱり女性に人気」という内容の記事。「やっぱり」って何だ。女子供が「甘いもの好き」はまだ許そう。でも「焼きイモ好き」ってまたニュアンス違うと思う。社会の木 […]