Menu

okadaic.net

文筆家・岡田育の近況と日記。

単行本書籍『嫁へ行くつもりじゃなかった』


岡田育『嫁へ行くつもりじゃなかった』
2014年9月5日発売
大和書房刊 四六判ソフトカバー
装画:田中相/装幀:木庭貴信(オクターブ)
ISBN-10: 4479392645
ISBN-13: 978-4479392644
ASIN: B014P25LS4


「やっぱり私も結婚しなきゃ……」と煽られない読後感。
未婚の私も、心穏やかに読めた新婚本です。
ジェーン・スー(コラムニスト・作詞家)
孤独を愛する30代オタク女子が突然の交際0日婚!? 結婚しても一人の時間がないとだめだとわかったり、家庭内オタク格差について考えたり…結婚しないと思っていたWEB女子の結婚考察。
—–
【目次】
■第一部/嫁へ行くつもりじゃなかった
プロローグ——恋愛と結婚と私
(1)報告について——いつまで新婚でいるつもり?
(2)恋愛について——愛がなくても結婚できます
(3)プロポーズについて——求婚よ、土の中で待て
(4)同居について——婚約指輪がトランクルーム
(5)外敵について——男と女と黒い虫
(6)改姓について——ポケットの中には名前が三つ
(7)孤独について——寂しくないと死んじゃうんだよ!
(8)出産について——聖家族はかげろうのように
(9)食事について——愛とごはんと新婚旅行
(10)趣味について——家庭内オタク格差
(11)嫉妬について——非モテよ、さらば。
(12)反響について——まさか僕らが
■第二部/嫁は萌えているか?
プロローグ——我はいかにして三度も花嫁衣装を纏いしか
(1)夫婦と比較——ためいきの数だけブーケを束ねた女
(2)夫婦と仕事——個人事業主にヘッドハンティングされた女
(3)夫婦と国際——めずらしきとつくにに心おどる女
(4)夫婦と交友——教えられた事と知りたい事がいつでも少しズレてる女
(5)夫婦と不倫——愛妻家の君と恐妻家の僕
(6)夫婦と距離——君のいないところにいて歌う僕
(7)夫婦と宗教——信じる者が救われても、信じた者を信じられなかった女
(8)夫婦と金銭——その財布を開くのは私、あの金を払うのはあなた
(9)夫婦と普通——違いがわかる男、上質を知る人、見て見ぬフリをする我々
(10)夫婦と性愛——不躾なモテない質問、美しく燃える銛の女
(11)夫婦と定義——したいことができるように、できることをする女
(12)夫婦と隣人―いつか誰かに聞いた結婚の話を、別の誰かに話す今

※本書に関するお問い合わせ、取材依頼等は、版元へご連絡ください。
http://www.daiwashobo.co.jp/book/b181693.html

【告知】9/17『嫁つも』刊行記念トーク&サイン会

cropped-d3bb2a033eeee4def9300e0b5e99445e.png
新刊『嫁へ行くつもりじゃなかった』刊行記念で、トークイベントを開催します。
こうした形式での書店イベントはなにげに初めてのことで緊張いたしますが……。
ゲストには、メディア・アクティビストの津田大介さんをお迎えします。
夫のオットー氏(仮名)と私の数少ない共通の友人でありまして、
『嫁つも』に経緯を書いた結婚披露パーティーの発起人として、
当日はIT戦士の岡田有花さんと一緒に司会もしてくださったという、
そんなご縁もございます。足を向けては寝られませんね!
一方、こちらも『久谷女子便り』第4号、第5号(ともに完売)では
津田さんと夫人のキキさんにそれぞれの視点から結婚生活について取材しています。
当日は二人であれこれ結婚トークができればと考えています。
是非是非、遊びにいらしてください。
下記、いろいろ方法があるのですが
「電話で予約購入して整理券も取り置きしてもらう」というのが一番簡単かな。
よろしくお願いいたします!


岡田育さん×津田大介さん
トーク&サイン会
『嫁へ行くつもりじゃなかった』(大和書房)刊行記念

10628361_10152608775182013_123442031037989299_n
日時:2014年9月17日(水)18時半から
会場:三省堂書店 神保町本店8階特設会場
大和書房『嫁へ行くつもりじゃなかった』をご予約、またはご購入いただいた方に整理券をお渡しいたします。
<ご予約方法>
1・下記urlで
https://reg34.smp.ne.jp/regist/is?SMPFORM=nfoc-qilhk-1bff87a0347d5eede700c831b18be61f
2・お電話で(03-3233-3312)
3・三省堂書店本店1階レジカウンターで
お問合せ:三省堂書店 神保町本店(03-3233-3312)
https://www.facebook.com/notes/798027010242358

連載『嫁は萌えているか?』第7回

『嫁は萌えているか?――いつか誰かに聞いた結婚の話』
(7) 信じる者が救われても、信じた者を信じられなかった女
http://news.mynavi.jp/series/yomemoe/007/
ウェブサイト「マイナビニュース」の「結婚生活」カテゴリ連載、略称は「嫁萌え」です。自分が今まで(主に独身時代)に見聞きした結婚の話を書いていきますが、プライバシー侵害にならない程度に……と思っております。今回は「宗教と結婚」について。元彼が今はすっかり幸福になっていて、わざわざ私宛てに怒鳴り込んできたりしないといいなぁと、それだけを祈っております。
見出しに使った「This isn’t the girl for you」はコチラ。これ本当、ユダヤ教徒でなくたって他人事じゃないですよ、オイ! オイ! オイ! 笑えないのに爆笑してしまう……。
[youtube]https://www.youtube.com/watch?v=Z0hbeHsAwuk[/youtube]
そしてこの大好きなミュージカル『FIRST DATE』が、なんと大好きな新妻聖子様の主演で、日本版上演決定とのこと! めでたいー。
http://www.tohostage.com/first_date/
002

連載『嫁は萌えているか?』第6回

『嫁は萌えているか?――いつか誰かに聞いた結婚の話』
(6) 君のいないところにいて歌う僕
http://news.mynavi.jp/series/yomemoe/006/
ウェブサイト「マイナビニュース」の「結婚生活」カテゴリ連載、略称は「嫁萌え」です。自分が今まで(主に独身時代)に見聞きした結婚の話を書いていきますが、プライバシー侵害にならない程度に……と思っております。今回は「距離と結婚」について。あるいは「離れていても愛し合えるか?」についてです。タイトルは友部正人「イタリアの月」より。
[youtube]https://www.youtube.com/watch?v=EeGJvrmnixk[/youtube]


002

連載『嫁は萌えているか?』第5回

『嫁は萌えているか?――いつか誰かに聞いた結婚の話』
(5) 愛妻家の君と恐妻家の僕
http://news.mynavi.jp/series/yomemoe/005/index.html
ウェブサイト「マイナビニュース」の「結婚生活」カテゴリ連載、略称は「嫁萌え」です。自分が今まで(主に独身時代)に見聞きした結婚の話を書いていきますが、プライバシー侵害にならない程度に……と思っております。今回は「恋愛と結婚」について。あるいは「股間をフランベ」についてです。タイトルはTHE BOOM。またTHE BOOM。困ったときのTHE BOOM。
[youtube]https://www.youtube.com/watch?v=EYo-ARxDfIw[/youtube]


今回はなんといってもこの御方のこんなコメントを頂戴したのが身に余る光栄でした……。