【献立】2014/3/10

どうしてブログ日記を再開したのかもはや自分でも思い出せないのだが、せっかく続いているので、Twitterと差別化を図ることはあまり意識せずに、けれども、Twitterにはわざわざ書かないようなことを、メモしておこうと思う。たとえば「食」には関心が薄くて「書評」は苦手だから、「摂取したものの記録をとる」ことをしておくと、何かの訓練になるのかなと思った次第。結局、HTML日記の頃からずっとそんなふうなスタイルで、テーマ性を持った長い文章は別の場所にまとめて書いていたっけ。

ヨコヤマのまるごととまとスナック

トマト加工食品愛好家としてメモ。トマトスナック数あれど、今まで食べた中ではこれが一番、好みの味という気がする。

だし割り

冬の終わりにおでん屋さんで教わった「焼酎のおでんだし割り」がすごく美味しかった。何かとても身体にいいものを摂取しているような錯覚に陥って、ものすごいピッチで飲んでしまう。ナイス汁。結構あちこちのおでん屋で出しているものらしい。焼酎もおでんだしも舌に馴染んだ味ながら、家でこのためだけに上等なだしを取ったりなんてできないので、すごく家飲みっぽいけれども外食ならではの贅沢である。店の大将は昔、女性客にこう言われたそうだ。「家で作れるおでんなんか、わざわざ外で食べたくないのよ」。ところで、トマトのおでんというのがこれまた美味。ナイス加工トマト。

『中央公論』

千住明さんがゆるキャラの仲間入りを果たしたようでかわいい。

そうそう、千住明氏にはゆるキャラの素質があると思ってたんだよね……似顔絵かと思いました。雑誌『中央公論』の広告。

A photo posted by @okadaic on

mucco『ケチケチ贅沢主義』

誰から教わったのだか、「人気ブロガーの初の紙書籍のAmazonレビュー欄が荒れている」というので興味を持って。とても面白く読んだ。満員電車に乗りたくないがために生活を設計した夫婦像に共感したし、何のためにお金をケチるのかという話、インナーとパンツはファストファッションで十分という話、「手取りの50%貯蓄、おしゃれ費20%以内」「服:コスメ=8:2」など主観と経験則を数字に置き換えてルールを決めていく話、言語化うまいなぁと思って読む。志して金融関係の仕事に就いた女性からいつも感じるあの独特のきちんとした感じ。一方で、シャネルのジャケットやエミリオプッチの着回しはもちろん、リビングに天井まである鏡を置く、ベランダで大輪の花を育てる、旅先に何足も靴を持って行く、といったライフスタイルは到底真似できないので、指をくわえて憧れるばかり。紹介されてた平野のブラシ、買ってみようかな……いや、その前に断捨離ですけど。
他人の感想はそれぞれなので、そこに敢えて触れるつもりはないが、激烈に批判しているレビューの中に「プレジデントって何の出版社だか知らないけど」「写真が小さくて中身がない」「ブログは愛読していたが無銘くせに本が高価い」などと書かれているのが面白かった。ブログ書籍化のNeedsとWantsについて、読み手と書き手が互いに互いを選べないことの不幸について。勉強になる。


他にもあれこれ、読むべき本、読むべき時を逸してしまったが読まねばならない本、どうして読もうと思ったのか思い出せない本、などをあれこれ読んだ。『F.S.S. DESIGNS4』いくらなんでもデカすぎる。予約注文したから自宅に届いたけど、書店で見かけたら不買運動を起こすレベル。いや買うけど。新しい人物デザイン画より、町のアシリアセパレートの分解図が一番いいなぁ。こういうのたくさん描いていただきたい。

【献立】2014/3/9

一日中、自宅作業の日となりそう。どっさり本が届く。すべて積んだままになっている。何のために「献立」を書いているのか、だんだんわからなくなってきた。心身にインプットしたものを挙げていく試みのはずが……。

『楽しいムーミン一家』

朝、オットー氏がYouTubeで、高山みなみのほう(1990年代)の『ムーミン』動画を観ている音で起きる。乙女か……!! 白鳥英美子が歌うオープニングテーマ「夢の世界へ」、不穏なメロディ運びが大好きで、よく歌っていたなぁ。
[youtube]https://www.youtube.com/watch?v=WqOv1Vf0hAY[/youtube]

豆乳スープ

もとはウーウェン先生のものだというオットー氏のレシピ。絹ごし豆腐と豆乳とスイートコーンの中華風スープ。台湾で食べた「鹹豆漿」に近い味で朝ごはんにとてもよい。苦しゅうない。
NHKスペシャル『震災ビッグデータ』の「あれから2年」と「あれから3年」を続けて観る。備えあれば憂いなし、と単純に言い切ることはできないけれども、膨大な情報を公開してシェアすることが現代の大津波記念碑になればと思う。

【献立】2014/3/8

代々木上原「按田餃子」

料理研究家になった同窓生のFacebookで見かけて、一度は行きたいと思っていたお店。メンギャザの日は大雪だったし夜から自分のイベントもあったしで代々木上原でゆっくりできなかったのだが、満を持して出向くと「ムジカーザ」のすぐ近く。内装がかわいいのと、お冷やの代わりに白湯を出してくれたのとで、料理が運ばれる前から大満足してしまう。
http://andagyoza.tumblr.com/
ラゲーライス定食と水餃子定食、餃子を追加して、デザートに仙草と、しゅわしゅわ茶も。満腹。定食だと餃子四種類が二個ずつ食べられる。餡は「胡瓜と香菜」が好きだったけどそれはまぁ香菜が好きすぎるだけで、他の三種類も美味。ラゲーライスは豚肉キクラゲ煮込み。定食のごはんは魯肉飯や鶏肉飯を彷彿とさせるスパイシーな豚そぼろ飯。按田優子さんの本『冷蔵庫いらずのレシピ』、今後の参考にしたい。次は夜のおまかせコースで紹興酒を飲みに行く予定。

続)しゅわしゅわ茶、美味。

A photo posted by @okadaic on

続)ラゲーライス。もちろん餃子も美味しい按田餃子でした。

A photo posted by @okadaic on


代々木上原は、学生時代に住んでいた街。といっても、あれから十年以上経っているのだった。駅前のコンビニの階上にあるマンションは健在で、私が住んでいた部屋には別の入居者がかけたカーテンがかかっている。マンションの共有部分の廊下に出て、白い壁をバックにして同居していた妹にコンパクトデジカメで就職活動用の写真を撮ってもらった。白いブラウスを全部クリーニングに出していたので、白いカットソーにジャケットだけ羽織って、首にイッセイミヤケのスカーフを巻いて撮った。後日、面接でさんざんネタにされることになる。小学六年生の弟が中学受験の前日に訪ねてきて、ギリギリまで家庭教師(文字通り)をしてやったこともあったなぁ。22歳の私から見ると「十年前」は12歳。そう思うと、34歳の自分が振り返る22歳も、大昔のことのように感じる。「石井珈琲」でユメブレンドを100グラム購入、オフィスに寄って仕事。

「とらふぐアラ蒸しスープ」

原稿を一つ仕上げて祝杯、〆に注文したものが素晴らしく「ナイス汁!」(by久谷女子泥酔部)という感じだったので撮る。「肉さと」(肉と里芋の煮物)も美味しかったなー。

今夜の〆に、とらふぐアラ蒸しスープ。ナイス汁! ナイス汁!

A photo posted by @okadaic on

【献立】2014/3/3

笹塚「串揚げ三郎」

念願の女子会。美味しかった。
http://tabelog.com/tokyo/A1318/A131808/13039222/

笹塚「茶日」

こちらもオシャレだった。笹塚は奥深い。
http://tabelog.com/tokyo/A1318/A131808/13110269/

【献立】2014/2/27

一日中、家にいて原稿作業をしていた。

四谷「tete-a-tete」

満席で入れないことが多いのであんまり人には教えたくないのだけど、やっぱり美味しい。
http://tabelog.com/tokyo/A1309/A130902/13000951/

『MONKEY』

ハルキストのオットー氏が(新垣隆の手記を掲載した週刊文春とともに)買ってきたので村上春樹のエッセイほかまとめてあれこれ読む。そしてオットー氏が「スイッチって何を出してる出版社?」と訊いてきたので震える。『SWITCH』だろうが!
http://www.switch-store.net/hpgen/HPB/entries/14.html