単行本『女の節目は両A面』

人生の分岐はあまりにも細かくて膨大であるがゆえに、
全問で私とまったく同じ回答を選択をした他人は誰もいない。
だいぶ同じ体験をしてきたね、と共感し合えるときもあれば、
どうしてそんなふうに捉えちゃうの、と永遠にわかり合えないときもある。
どんな幸福や充実感や成功体験、自尊感情にも、
どんな憎しみや悲しみ、妬みやコンプレックスや後ろめたさ、
その他の負の感情にも、元となった「節目」がある。
そして、その組み合わせで混じり合った複雑な味や色は、
自分だけのものなのだ。
(「はじめに」より)

書題女の節目は両A面
英題Every Herstory Is Double A-sided
著者岡田育
発売日2020年11月10日
出版社TAC出版
仕様四六判ソフトカバー
価格1300円+税
プロデュース石黒謙吾
装幀芥陽子
装画カヤヒロヤ
ISBN-13978-4813295211
版元ドットコムhttps://www.hanmoto.com/bd/isbn/9784813295211
Amazonhttps://www.amazon.co.jp/dp/4813295215

「いままで」と「これから」
あなたの人生にA面が2つ
■<初恋><初体験><就職><結婚><出産><閉経><死別>…
■初めて経験したあのときは…まだ訪れないターニングポイントは…

気鋭の文筆家が絞り出す、
人生の節目を数え上げる「ミラーエッセイ」27篇

人生のかたちに想いを馳せられる、
来し方&行く末の「両A面」構成!
オモテから読む?(逆からでもOK!) 
ウラから読む?(それもまたアリ!)

前からは「縦組み」でこれからのこと、
後ろからは「横組み」でいままでのこと、
という画期的な構成となっています。

死ぬまでに直面するであろう
「まだ見ぬ」節目について考えた“未来編(縦組み)”
誕生からくぐってきた
「初めて」の節目を思い出しながら書いた“過去編(横組み)”  

はじめに
https://tac-bookstore.meclib.jp/korekaranowatashi/book/index.html#target/page_no=1
  (これからの、私)→
過去と未来と私の節目
まだ見ぬ、マイホーム
まだ見ぬ、出産
まだ見ぬ、育児
まだ見ぬ、介護
まだ見ぬ、孫
まだ見ぬ、閉経
まだ見ぬ、死別
まだ見ぬ、車椅子
まだ見ぬ、私の葬式
おわりに

  (いままでの、私)→
https://tac-bookstore.meclib.jp/imamadenowatashi/book/index.html#target/page_no=1
初めての、他者〈0歳〉
初めての、恋〈4歳〉
初めての、遅刻〈6歳〉
初めての、世界〈9歳〉
初めての、犯罪〈11歳〉
初めての、名前〈12歳〉
初めての、スポットライト〈14歳〉
初めての、ナンパ〈15歳〉
初めての、バイト〈17歳〉
初めての、デート〈18歳〉
初めての、肉体関係〈19歳〉
初めての、泥酔〈20歳〉
初めての、就職〈23歳〉
初めての、通院〈27歳〉
初めての、自由〈30歳〉
初めての、結婚〈33歳〉
初めての、海外生活〈35歳〉

※本書に関するお問い合わせ、取材依頼等は、版元へご連絡ください。
https://bookstore.tac-school.co.jp/book/detail/09521/