2016-09-11 / 世の光

土曜日はものすごく暑い日で、外に出るのが億劫になり家でダラダラ用事を済ませ、夕方からNYへ「一時帰国」中の渋谷真紀子さんと合流。30分くらい歩いたら私だけ汗だくになってしまった。見ると、道行く若い観光客女子たちはみんなキャミソールにホットパンツみたいな裸同然の一枚着で出歩いていて、インナーつきの半袖にがっちりジーンズという残暑ファッションは私だけなのだった。この国には本当に「衣替え」って概念がないよね……そんな薄手の服、もう洗ってクローゼットの奥深くにしまってしまったよ。チェルシーマーケット内の「the Green Table」でごはんを食べてからブルックリンまで足をのばす。私もちょっとだけ協力した彼女のショートフィルム作品に出演している俳優が、インスタレーション&ダンスパフォーマンスをするというので観に行った。行きがけ、真紀子さんとずーっとしゃべっていた「いま演劇表現に何ができるか、過去の題材をどう現代に置き換えるべきか」という話にもちょっとつながるようなネタが出てきて興味深かった。ソーシャルメディアと情緒の安定不安定、個人の承認欲求とコンピュータスクリーンの奥の不可視のうごめき、広義のやりがい搾取、などなどがコンテンポラリーダンスで表現されていた……はず。

< /cl!ck > world premiere by the people movers. At Brooklyn. — 土曜日に観たインスタレーション&ダンスパフォーマンス。即興のようでいてカッチリ動きが決まってるのが目に心地よかった。

A post shared by Iku Okada (@okadaic) on


終演後に外へ出ると川風が涼しくて、月だと思って見上げた明かりが、グラウンドゼロから照射される9.11メモリアルの光柱だった。人の世の移り変わりと普遍性について考える。古いものが古びていってしまうのは何故かとか。人は、すぐ簡単に物事を忘れてしまうからこそ、いつかの出来事を忘れないように、必死で何かを表すのだろうな、とか。その意味では、長い長い小説も、ラクガキみたいな一枚の絵も、ただ垂直に伸びる光の柱も、大した違いはないのかもしれない。

it's not the moon but guiding us. good night, sleep well. #911memorial #viewfrombrooklyn #groundzero #september11 #worldtradecenter — 月かと思って見上げたら、人の照らす光だった。

A post shared by Iku Okada (@okadaic) on



9.11の日曜日。午前中ケーブルテレビのローカルチャンネルNY1をつけてみると、追悼式典で延々と故人の氏名が読み上げられ続けている。あまりにも長いのでオフしてしまったが、これは15年目だからとか関係なく、毎年やっているのだそう。ヒラリークリントンが体調を崩したというニュースはネットで知った。昨日までものすごく暑かったから熱中症にでもなったのじゃないだろうか。
昼食は餃子とわかめうどん、午後からエクササイズに出かけて、その後Adoramaで念願のミラーレス一眼カメラを購入。結局、OLYMPUSのOM-D E-M10 MkII にした。本当は、色味が素晴らしいという勧めに従ってFUJIFILMのX-T10を買うつもりだったのだが、最後の最後は手に構えたときの馴染み具合で決めてしまった。でも意外と大切。思えば初めて買ったコンパクトデジタルカメラもOLYMPUSのやつで、そのときも「とくに特長はないけど店頭で持ったときにしっくりした」が理由だった。その後はRICOHのGXシリーズを使っていて、こちらは性能にはまったく不満がなかったんだけど、今思えばちょっと小さかった。これ以上小さいと「カメラみ」が足りないな、というギリギリだった。SONYのデジカメは私にはいつでも小さすぎるか大きすぎるかで、X-T10は、私には、ちょっと大きくほんの少しだけ薄い。性能のほどはこれから試してみます。
Adoramaは陽気な店員さんが多くていいお店だったけど(お互いに道をふさいで左右に動いてしまった後、「Oops! Thank you for dancing with me!」と笑われる)(OLYMPUSの発音をなかなか聞き取ってもらえず、やっと通じたら「Follow me… La, La, La!!」と歌いながらLの発音を矯正させられる)、私の担当になった男子に限っては、英語力不足の女子である私をハナからバカにした態度で、いかにも「よくないオタク」の典型。必須のアクセサリを売りつける態度も非常に居丈高で、あまりいい印象はなかった。セールス店員に邪魔されず先に自分で意思決定してから臨んでよかったな。本当、こういうときには日本のビックカメラが恋しいです。
小腹が空いたので早めの夕食、オシャレじゃないけど味は結構評判のカジュアルな中華料理屋に入る。マンダリンヌードルというのが人気メニューらしいので豚肉と搾菜(という名の酢漬キャベツ、ザワークラウト)の麺を頼んだら、……うどんが来た……。マジか、と思ってぐぐったら、まぁマンダリンヌードルスープといったら小麦粉の太麺を指すには指すらしいのだが、昼食がうどんでさえなければ美味しくいただけたのだが、は、敗北感……。隣ではラティーノやらアフリカンやら巨漢ばかりの仲良し6人組が、アペタイザーと称してチヂミのようなものを2皿頼み、1人前で3人前分くらいの酢豚やチャーハンやあんかけ炒めをメインに6皿頼んで、チャーハンをおかずにブラウンライスを食べている。

学校用、就職活動用のポートフォリオサイトをどんなふうに作るかまだ考えあぐねていて、とりあえずBehanceにぼんぼん上げていくことにした。さっそくフォロワーがついたりコメントが書き込まれたりしていて嬉しい。年内にはもうちょっとマシな作りになりますが、ご笑覧いただければ幸いです。アカウントある方はフォローしていただければ……!! そうでない方も、「いいね!」押していただけると励みになります!!
https://www.behance.net/okadaic