ファンフィクションは突然に/使徒トマスと女子校の授業

二次創作はいい。同人誌精神はいい。『カチカチ山』は太宰に限る。
というわけで、とてもいい使徒トマスの「SS」を見つけたので貼っておく。
私、好きな使徒は聖トマスなんですよね。何度も書くけど。
実像わからないから微妙ですが一種のロールモデルと言えるかもしれない。
少なくとも、マスメディア関係者の守護聖人として祀り上げればいいと思う。

確かに師が私に仰ったとおり、見ないで信じるほうが、見てから信じるより何倍もまさっている。しかし私は、見た以上は信じたのだ。私と兄弟たちのいったいどちらが、不信仰だろうか。

聖書を遊ぶ 第4回「使徒トマスの反論」

http://www.nunochu.com/bible/73_laugh/laugh004.html

使徒トマスの一ファンとしては、まったく賛同するばかりです。
それにしても、狂信者たちの教祖ラブ自慢合戦は本当に萌えるなぁ。
新作BLとか要らないんですよ。古典の二次創作だけでお腹いっぱい。


古典の二次創作だけでお腹いっぱい、という話。
私が最初にそう感じたのは、女子校で受けた古典の授業だと思う。

国語の授業中に「漢詩を現代語訳する」という課題が出たことがある。
もとの詩が誰の何だったかはきれいに忘れたけど、
ま、旅立ちの朝に無二の友との別れを惜しむ系の、いつもの例のアレ。
ええ、私も腕をふるって、一人称小説仕立ての長文を書きましたよ。
うんとせつない、あまずっぱいやつを。キュンキュンしながら。

そもそも女子校の古典や漢文の授業中はしょっちゅう嬌声が上がるのです。
「友愛の表現が大袈裟すぎだろ」「男同士でキモくね?」といった意見と
「……だが、それがいい……!」という一部の困ったお嬢さんたちの雄叫びが
男子の目を憚る必要のない教室で、あまりにも素直に表面化するのですよ。

まぁ、それはさすがに事実を少々誇張した表現ですが、でも事実です。
だって私が記憶する限り、中高6年間の古典の授業で
最も教室内が盛り上がったのは、平家物語「木曽殿の最期」だもの。
たとえ嫁とは離れ離れになっても、今井四郎とは生涯一緒。
「マジやばくなーい!?」「つうか男同士の友情濃すぎ!ついてけない!」
と、非オタの女生徒まで(嘆息しつつも)頬を紅潮させていたものです。

あんたたち、そんなんで興奮してるなら「桃園の誓い」はマジやばいわよ、
という女教師の古典への招待の仕方も大変香ばしいものがあったと記憶する。
三国志の三傑が三つ巴で異口同音にプロポーズ、略して3P!(待て

あと学校の図書室で水墨画か何かの資料を見ながら
「なんで『竹林の七賢』の脇には必ず美少年が侍ってるんだ、くそっ」
とか萌えまくっていたのも昨日のことのように思い出されます。
多感な10代の女の子ってそんな感じです。……え、私だけ?

佐藤康光さんの文体が好きなんだ。

 私は、たまに一般誌などに書かれる佐藤康光さんのエッセイの文章がすごく好きなのだ。と言って回っていたら、『将棋世界』バックナンバーの「我が将棋感覚は可笑しいのか?」と題した自戦記を(もちろん冒頭だけ)拝読する機会に恵まれた。この単発記事から同誌で自戦記の連載が始まり、その連載が一冊にまとまったものが『注釈 康光戦記』。

注釈 康光戦記 (最強将棋21)

注釈 康光戦記 (最強将棋21)

 もちろん私がすべて理解しているなどとは思わないように。そんなはずがありえない。囲碁将棋の本を棋譜のところスッ飛ばして読むのは保坂和志『羽生』の頃から大得意なので(そんなもの得意って言わねえ!)、例によってざざーっと読んでは佐藤さんの文体の味をかみしめた。

 そう、文体なんですよ。一気に読み、私が好きなのは佐藤さんがデアル調で書くときのテンポ、とくに「Aである。Bである。しまった、なんとこれではCではないか。」といった<短・短・長>のリズムによる言い回しが好きなんだなー、などと分析しました(少しでも指し手を分析しろ)。ところで、渡辺明五段についての言及。

(本文)
「若いときは一カ月単位で急激に強くなれる時期がある。★1」

(脚注)
★1 今回の見出しは佐藤さん自身がつけたんですよね。
佐藤 変えますか?
――このままでいいと思います。ご自身が一番伸びた時期は?
佐藤 やはり10代です。(後略)

 朝のアイスミロオレ噴きました。ご自分でつけたなら変えなくていいでしょうよ! なんだろう。これは談話部分だから「編集の妙」なのかもしれないけれど。そもそも冒頭の前書きからして「連載中は私の記事を誰も読んでてくれなかった」といった恨み言から始まる……。

 この独特の文章センスを単に「面白い」と言ったら失礼にあたるだろうか。ひとつ思ったのは「ブログ世代」の棋士には居ない文体かな? と。さまざまな若手棋士の文章をネットでたくさん目に留めるようになった。厳然とある<世代の線引き>のアチラ側で書かれた感じがあるから、逆にこの文体に惹かれるのかもしれないな、と。私の場合「中身」を読んでないので印象語りですけどね。

中村メイコ『ママ横をむいてて』を讃美する。

 自分の服装や髪形について、こだわりはあるが、関心はまったくないので、周囲の人々に「とても似合うよ」「こういう場ではこういう格好がいいよ」と言われたら、ヴァカの一つ覚えのようにそればかり着続ける。みだりに服を褒めると次回もその服を着て会いにくるので、褒めないほうがいいかもね。

 女子校時代は男役だったので、1年365日パンツルックだった。友達たちから「女装キモイ」「制服以外のスカート穿くの禁止」と言われており、それを忠実に守った。高校卒業して10年経つ現在でも、口にこそ出さないが、スカートを穿いた日は鏡の前で「うわぁ、わたし女の子みたい!」と思うことがたまにある。

 うちの伯父などははっきりと「ぼくと会うときはスカートを穿くように」と言うので、なるべくご希望に沿っている。仕事相手にも「今日は例のワンピース着てこい」と指示されると、超らくちん。世の男性が皆こうだったら便利でいいのに……。持ち合わせがない服を指定する場合は全部買い揃えてくれるとなお良いのに。(とってもタイムリーな話題、@anisopter のこんな発見を再発見した。いっくいくにしてやんよ。プロデューサー随時募集中です。)


 女の子の服装は、半分くらいは自分で自分を愛でるためだけれど、残りの半分近くは、誰かに愛でてもらうためのものだ。残念ながら絶版となっている、女優・中村メイコの自伝的傑作小品集『ママ横をむいてて』に、おじさまとデートする日は、おじさまの望む姿で会いに行く、それで一日上機嫌でいてくださるのならメイコ努力は惜しまないわ、という文があって、超かわいい。はせべ社長も「網タイツごときで喜んでくれるなら履いてやんよ!」って書いてたな。たいへん共感する。

 私の大好きな<おじさま×しょうじょ>カップリング文学としても、半自伝かつ半フィクション、半小説かつ半エッセイという独特の形態をみても、この中村メイコ『ママ横をむいてて』は本当に素晴らしい作品である。女友達の父親(実の娘に「若返りたいから誰か若い女の子紹介しろ」と言う。すげえ!)に連れ回される話とか最高だ。清い仲だけど恋人のようでもあり、でもやっぱり友達のお父様だから突然「失恋気分で」プイッと帰っちゃうメイコ。かわゆすぎ。ちょっと朗読するからまぁ聴け。

「人生に退屈はツキモノらしい。その人生の退屈を、きわめて盛大に味わっているのが四十代のオジサマ族である。そして、退屈などというモノを感じているひまもないほど忙がしいのが、ワレワレ十代のオ嬢サン族である。」

 そんな自分たちはオジサマのための「退屈しのぎガール」だと宣言するメイコ。

「オジサマ、また来ちゃった。」
私は小さな窓の下で明るくさけんでみた。
「今日はきっとキミが来てくれると思ってた……。」
小説屋のオジサマはれいによってタバコくさい顔をニュウッとつき出した。私は、今日は黒ずくめの洋服で頭にだけ真白のベレーをのっけている。髪は男の子のようにみじかい。そして真紅なリンゴを一つ手に持っている。このおもしろい恰好は、きっとこの小説屋さんのオジサマをよろこばすだろうと、すこしシュールにこしらえてみたのだ……そして半分は自分のオシャレである。
「若いひとが黒を着るのはいいもんだね、しかし、その真白いベレーは、僕には少しまぶしすぎる……よごれたオトナの目には痛いんだ。」
はたしてオジサマはそんなキザな言葉を私にあびせる。私のよそおいがお気に召したらしいのだ。
「コレ、ふたりでたべましょう。」私も、オジサマの調子にあわせて、いきなりそんなふうにリンゴをつき出して、すこしらんぼうに足をなげ出して坐ってみた。

 (あまりにもメイコに萌えすぎてこれ以上は朗読できない。)

 その後、小説屋のオジサマが自分に本気を出し始めた様子に気づいたメイコは、「ドキン」として、自分も好きだなぁと気づき、「シマッタ!」と思って「そして私は、もうそろそろ、このオジサマとしばしば逢うのをよそうと思った。」……なんという!! 間髪入れずに今度は「毒消し屋さん」こと製薬会社社長とデート。オフィスガール風のタイトスカートで、忙しい雰囲気を醸し出しながら、株の話(昨晩あわてて新聞見て一夜漬けした)などふって、「オジサマ、すこし都会病なんじゃないかな。」と野菜をたくさん食べるよう薦める。なんという……!!

 そして最終話、せっかくのクリスマスの夜に、1人きり同士で、あるオジサマと再会する。

(ヤイお嬢さん、あなたは、なんだってあんな真似をしたの? あれじゃあまるで、オカベのオジサマにとって、あなたは、男友だちだわ。一度だって女性らしくふるまったことがあって?)

 齢19の彼女は自分がティーンエイジャーでなくなることを知り、「魅力のあるお嬢さん」になるためにオジサマたちの「いいお友だち」でいることをやめる。洗面所でのモノローグの後、いつものようにおじさまにからかわれて「いじわる!」と横を向いた後に、大人の顔で「メリー・クリスマス」と交わす挨拶によって、物語が終わる。ああ、なんという、日本おじさま×(し)ょうじょ文学の金字塔!!

 この本は、帯文がまた萌える。

「みずみずしい娘心があふれていて、読後に素直な美しさが残った。」(川端康成
「メイコ恐るべし、これはメイコに対する私の結論だ。」(徳川夢声
「はたちの才女、困った存在。憎っくき奴。」(三木鶏郎

 おまいらメロメロすぎだろ! 身悶える。文壇も芸能界も経済界も巻き込んでオジサマを篭絡しまくるメイコに身悶える。ちなみに口絵写真は、眼鏡ッ子@書斎。もうね、華恵ちゃんなどより軽く半世紀くらい早いですから、この少女文豪は!

 19歳というのはメイコが神津さんと初めて会った時期でもある。と考えれば、ノンフィクションとしても楽しめる。さすが人生が劇場の天才少女女優。神津さんがプロポーズした理由は「当時は娯楽がなかったもので」。ちなみにプロポーズの台詞は以下。

「もう2、3年たったら結婚しませんか、ぼくと。女の人の19歳から24歳までというのは一番心の移り変わり易い時期である。その時期にぼくが現場を離れるということはできにくいので、留学費用にあてている貯金を全部あなたとのデートに使い果たそうと思うのだが、どうか」

 最後の最後に神津さんという旦那様あってのメイコ文学だと思う。これは長谷部千彩『有閑マドモワゼル』が結婚とともに幕を下ろすのとまったく同じなんだよね。2冊とも私の聖書です。出版社に勤めている間に『ママ横』を復刊させるというのが野望のひとつである。真顔で。

中村メイコ―メイコめい伝 (人間の記録)

中村メイコ―メイコめい伝 (人間の記録)

有閑マドモワゼル

有閑マドモワゼル

「ごぞんじ」

(2)の意味は知らなかった! 次のラブレタァに使おう。
手紙はいいぞう、手紙だからね。(c)ふちがみとふなと

ごぞんじ 2 【御存じ】

(1)相手が知っていらっしゃること。また、世間周知のこと。
「―のような有り様です」

(2)知っている人。知人。〔「御存知」とも書く〕
――より
恋文などで、差し出し人の名を明示しない場合に用いる語。

春馬車

いつもつねに信条にしている言葉。何がしたいかといえば、こんなふうに生きたい。そしてそれをこう書きたい。と思う。

彼は苦痛を、譬えば砂糖を甜める舌のように、あらゆる感覚の眼を光らせて吟味しながら甜め尽してやろうと決心した。そうして最後に、どの味が美味かったか。――俺の身体は一本のフラスコだ。何ものよりも、先ず透明でなければならぬ。と彼は考えた。(横光利一『春は馬車に乗って』)