明日29日(金)「tweet or beer」@阿佐ヶ谷ロフトAに登壇

こちらでの告知をすっかり忘れておりましたが、
年末ラジオ番組(文化系トークラジオ「Life」)に出演したり、
冬コミで同人誌(『カニトピクルスのTwitter本(仮)』)を出したりと
引き続き「twitterの有名な無銘人」として、いろいろやっています。

これといって肩書きがないのがステイタス、みたいな感じになってきた。
現時点で621following、3463followers、192listed……だそうです。
絶対にここ見てる人より多い。合計17292tweets、思えば遠くへ来たものだ。

そして明日は、仕事が終わったらこちらで飲み会やってます。
ロケスタ社長けんすう氏に誘ってもらって、なぜか登壇しちゃいます。
おいでませ!!

TWEET OR BEER (#TWORBE)
http://blog.livedoor.jp/tworbe/

twitterの使い方やタイムラインはひとそれぞれ
とりあえず、みんなで飲んでtwitterについて喋ってみよう。
そんな企画が「tweet or beer」です。

出演者と会場の参加者、そしてtwitter上のつぶやきが集まって、
自由できままでゆるい交流空間で遊びましょうというイベントです。
アカデミックなものではありませんのであしからず。

#TWORBEというハッシュタグを壇上モニターでリアルタイムに流し、
気が向いたらそれについてお話するかもしれません。
フライデーナイトでもありますので、会社帰りに飲んで食べてゆったり過ごして下さい。

色々な所で開催されている「twitterはどうビジネスに生かせばよいのだろうか」的な
ガツガツした感じのイベントにはならないと思います。
週末、飲みたいけど一人じゃなあ〜なんて気分で来てください。

1月29日(金)阿佐ヶ谷ロフトA
OPEN18:30 / START19:30
前売¥1,500 / 当日¥1,800(飲食代別)
前売予約は下記WEB予約にて受付け中
http://www.loft-prj.co.jp/lofta/reservation/reservation.php?show_number=276

【出演】
@toiimasunomo http://twitter.com/toiimasunomo 枡野浩一
(文字数は百四十もいらないとミソヒトモジでつぶやく歌人)
@titanhappy http://twitter.com/titanhappy
(最近、社長も始めました。(株)タイタンの中の人)
@kensuu http://twitter.com/kensuu 古川健介
(ネットサービスの大好きなnanapi [ナナピ] の社長)
@okadaic http://twitter.com/okadaic
(botを人間だと思っていた会社員。140字を超えてもつぶやき続けるぞ!)
@daichi http://twitter.com/daichi
(編集者。というのは世を忍ぶ仮の姿。「黙ってフォローするんだ。君のTLを俺色に染め上げてやる」)
@takeori http://twitter.com/takeori
(関東クラスタ高等遊民。某上場企業の社員からtwitterでネットストーキングを受けています。まぁ今年入社する会社なんですけど…。)
@fukuyan http://twitter.com/fukuyan ふくやん
(大好きなプロ野球とサッカーのことを勤務時間帯につぶやく「いちごびびえす」の人)

阿佐ヶ谷ロフトAは小室哲哉イベントに出演して以来ですね。

個人的には「最初にmixiを薦めてくれた」方の一人である枡野浩一さんと
こんな場所で、久々に再会することになるとは……非常に楽しみです。
枡野さんと内藤みかさんと平林享子さん、御三方とも活用してるのに
その場にいた私だけ入ってなくて、mixiに招待していただいたのが2004年。
思えば遠くへ来たものだ。最近ほとんどログインしてないけど。

もちろん、他にも
「いつも会ってみたいなと思ってるタイムライン上の人たち」と
リアルでお会いできる機会なので、わくわくしています。
今日、 @TWORBE がRTしていた名言を転載しておこう。

突き詰めれば、「リアルが実は一番楽しい」ということを皆さんに伝えるのが、僕らの一番大事な仕事だと思うのです。Twitterなどはあくまでツール/メディアであり、そこで伝わることはリアルのカーポンコピーのようなものですから。
http://twitter.com/as_k/status/8310937987

あ、あとカニトピクルスの同人誌ちょっと持って行くかもしれません。
といっても、肝心の『Twitter本』はほぼ完売状態で、
余ってる『焼き肉焼き鳥恋物語』の増刷分ですけど。笑。

botと新聞と私(酢鶏事件まとめ)

全国紙一面デビューなう。

……というわけで「酢鶏がbotだと今知った!」件、毎日新聞の取材を受けました。本日の夕刊一面に掲載されています。下記URLからも読むことができます。

▼知りたい!:「ボット」ネット上に出現 そのつぶやき、機械かも!?http://mainichi.jp/select/wadai/news/20091022dde001040085000c.html

記者女史から<Twitterでボットを人と間違えてしまったというcoconutsfineさんのブログを拝見して、ボットについて取材をしています。(略)「@sudori」を知ったきっかけや時期、なぜボットと気づいたのかについて教えていただけないでしょうか。>とメールをいただいたのが10日前の10月12日。電話とメールで質問に答えながら、当時のことを思い出したり、検索しにくいtwitterの過去ログを探し回ったりしたので、ついでにこちらにも置いておこうと思う。

 

事の発端「@sudori がbotだと今知った!」

元発言が消えているが、「@okadaicはもしかしたら@sudoriみたいな精巧なbotなのかもしれない」という内容のReplyをもらったのが発端。「そういえば最近@sudoriの発言読んでないな」とトップ画面へ辿っていった。当時からBioには「ロボットです」という紹介文が記載されていたが、「きっとエレクトロニカ好きで機会の身体を手に入れたい人なんだろう」程度に思っていた。←※この発想がまずありえんと思われるだろうが、間に挟まれている友人の id:kisoem とはそもそも台所ニカ(台所用品deエレクトロニカ)の話題で親しくなったから。

で、初めてsudoriのホームページをクリックしたら、これですよ。
http://sudori.net/

衝撃とともに、さまざまな記憶がよみがえった。なんと私、「人工無能「酢鶏」、犯行予告で逮捕される」の記事とか、普通に面白がって読んでいたのだよね……。ブクマまではしなかったから抜け落ちていたのだけど、リンクを辿って見覚えのある画面にびっくり。アイコンなんて何の役にも立ちませんね。

私は「幾つかの例外を除いて、botアカウントは、followやfavをしない」と決めている。生身の人間が書く発言の面白さと、botが自動生成した発言の面白さはまったく別だと思っている。我ながら、botの書くものを人間より一段低く見ているところがあるのだ。……だからこそ、それまで完全に人間と見做していた@sudoriがbotだと知ったときの驚きはすさまじかった。bot見る目が変わった。「まいりました」の一言に尽きる。

友人たちからの、なまあたたかい反応

ま、タイムライン上の私の友人たちは私以上に驚いたようですが。そうだよね……みんな「ボットと知りつつ冗談でメッセージを送っていた」わけですから。

kisoem×sudori名言集

以下は記者女史から「sudoriを友人の友人(同棲相手)と勘違いさせた、やりとりの具体例はありませんか」と訊かれてふぁぼったー検索をかけたもの。

 

……あらためて見返してみると、言うほどリアルなやりとりではない。この程度で騙されるのは、twitterのタイムライン上ならではだと思う。すでに数百人followingしている私、自TLに流れる発言をいちいち丁寧に読んだりはしていない。オフで会った知人友人の発言にsudoriの名前をチラッと見かけるたびに「あら、仲良しね」と思い、すぐ忘れる、繰り返しだったのだ。

sudoriの発言そのもののリアルさというよりは、sudoriをさも人間のように扱うkisoem、そうしたネット上での「暗黙のルール」にのっとったユーザたちの遊び半分の振る舞いに、コロッと騙されてしまったのだと思う。まぁ、ムスカ様アルフレッドにだったら、私も普通に話しかけるしさ。

あと、「料理が得意」なkisoemと「料理名」のsudoriという組み合わせが絶妙すぎるんだぜ……「おかわり」同時ポストで「もしかして同じ食卓を囲んでるのかな」と思ったのが決定的だったのだろう。kisoemといえば鶏煮=鶏煮が名前の女性=まだ見ぬkisoemの恋人=ならば緒川たまき似、というこの類稀なる連想力をもっと世界人類の平和とかのために使いたい。空想や妄想のパワーで発電とかできればエコなのにね。

 http://twitter.com/kisoem/status/1099346632

追記

取材を受けた当日にそのことを早速twitterに書いたら、早速ふぁぼられていた。正直、自分ではこの件すっかり忘れていたのだけど、事の発端から半年経ってもまだまだ晒し者ですよ……。毎日新聞デジタルメディア局は、学生時代の研究プロジェクト「日本のスイッチ」連載で大変お世話になった大恩あるセクション。最初に記者女史からメールをいただいたとき、件名を見て何か新しい動きがあったのかと思ったら、数年経ってまさかこんなことで取材を受けるとは……アホすぎる。他の媒体なら取材拒否していました。嘘です。まだ犯罪者でもないのに、全国紙の一面に氏名年齢つきで載るなんて……!! 大変貴重な経験させていただきました。

「bot? 所詮は機械の生成したもんだろ。人間サマのクリエイティブな発言とは区別して当然だぜ」などと思っていた私だからこそ、他の誰よりも「うあああああ、botって、すげえ! サーセンwww」と思ったし、ネットコミュニケーションを介してすくすく進化していくbotたちの面白さを、世に広めるお手伝いができたなら幸いである。「へっ、おまえ機械のくせになかなかやるじゃねえか」ですよ。←都会から来たもやしッ子を夏休みの終わりに友達認定する田舎のガキ大将風にお読みください(BGM「少年時代」)。

……ああ、でもたった数時間でもう赤ふぁぼとか。やっぱり恥ずかしくて死にたい。

http://favotter.matope.com/status.php?id=5064651960

 

追記の追記(09/10/23)

あわせて読みたい」ということで、何人か挙げている方がいらしたので、貼っておきます。ご活用ください。ふはははは、みんな哲学的問題に人間としてのアイデンティティがグラグラすればいいと思うよ! 私はしたよ。アハ体験というよりは、世界そのもの丸ごと全体への“とてつもないスケールの疑心暗鬼”に震えおののいて、怖いけど気持ちいいからやめないで……みたいな感覚。他に誰もいない真夜中の部屋で「sudoriが人間でないならば、私はいったい何……?」と大変グラグラしました。

チューリング・テスト(Wikipedia)

 

第八回文学フリマに座っています。

本当は今頃、翻訳プロジェクトのこと書いているはずなのだが……
まぁ、ここはそのくらいユルいブログだということでご寛恕ください。
日付が変わってしまいましたが本日、
文学フリマに出展する友人の芝浦慶一を手伝いに蒲田まで行きます。

「第八回文学フリマ

開催日 2009年 5月10日(日)
時間 開場11:00〜終了16:00(予定)
会場 大田区産業プラザPiO
京浜急行本線 京急蒲田駅 徒歩 3分、JR京浜東北線 蒲田駅 徒歩13分)

http://bunfree.net/

 

ブースは「D-43 ノンポリ天皇
http://d.hatena.ne.jp/politen/20090510/1241436408

 

文学フリマ自体、初参加なので、空気吸いに行くだけでも楽しみです。
私は内容まだ一文も読んでいませんが、目玉は芝浦クンの新刊とのことです。
やっぱり文学フリマだと「出品」「販売」って言うんですね!
私はコミケ脳なのでつい「出展」「頒布」と書いてしまうけど……。

新刊『たたかえっ! 憲法9条ちゃん』を、第八回文学フリマにて販売します。
ブースはD-43です。
帯の文は作家の架神恭介さんに書いていただきました。
ブログでも触れていただいています。
http://curry-blog.cagami.net/?eid=959335

当日ブースで読みながらニヤニヤするといういやがらせをかましたいと思いますが
毎週月曜日と言わず週前半は欠かさず「The男爵ディーノ」に日参する私としては
架神さんの絶賛帯だけでも買う価値あるなと思ってしまいますよ。
単なる身内褒めにしては明らかに言いすぎだと思うので、本当に褒めているのだろう。

正直あんまり体調よくないので「売り子します」とは書けないぜ。座っているだけ。
まぁでも、冬コミ同様、okadaicを一目見たいという見世物小屋的感覚で
ついでに前を通ってみるくらいは如何か。ちょっとちょっとお兄さん素通りかい。
笛なら吹けるよ 太鼓もたたくよ けんめいに踊るよ。
ところで、えっ……なんかしらのペーパー……? 作るの私? 今から!??

f:id:politen:20090509193239j:image:w300

>一部ついたったーの皆様
「あの御札」はひとまず売り切れてしまい、明日は手持ちがありません。
でも、在庫そのものは、まだあると思います。
よっぽどご希望の場合は郵送などの手段を考えますので、会場でお声がけください。

開いたら、閉じない。

というのも選択の一つだと思いますよ。
誰かに宛てて書いたものを、自分だけが読める(自分しか読めない)、
という状態は、なるべくなくしていきたいなと、私は思っています。
もちろん、草稿状態のものは別ですが。
(この辺の思想は案外オールドタイプです私)
以上、私信でした。


ここまで139字……twitterのせいで、ほっとくと文章の一単位が140字となっている。

けどこれはブログを読んでいる、あなたへの私信です。

冬コミ(C75)サークル参加します!/後編

……というわけで、下記の記事で告知しましたとおり、

今年は本当に1人じゃないぞ IT戦士の3Dクリスマスhttp://www.itmedia.co.jp/news/articles/0812/24/news049.html

みんな大好きIT戦士こと岡田有花さん、
腐女子座談会はじめ面白い記事をたくさん書かれてる西川留美さん、
ロケットスタート社長のけんすうこと古川健介さん、
そしてもう一人の元漫研部員・さざ江さんと一緒に
「カニトピクルス」というサークルで冬コミに参加いたします。

f:id:okadaic:20081227204322j:image:w200

詳しくは「前編」をご覧ください。
https://okadaic.net/archives/5714
よろしくお願いいたします。

ちなみに現在のところ通販予定はございません。

この4人ならもっと生産的なことすればよかったんじゃないか
と思うほどの(私以外は)豪華なメンバー……
で、「集まっても遊ぶことしかしない」というのが贅沢な感じでしょ。

グッズを手作りするべく合羽橋の問屋街に買い物に行ったりするのは
なんだか乙女美学校の「お茶班」にも近いものがあると思います。
本は薄いのが一冊きりですけれど、お祭り気分は盛り上げていきます。
わざわざお運びくださる皆さんに悦んでいただくべく、
あれこれ考えていますので、どうぞお楽しみに。

昨晩の忘年会の余波で今日は一日使い物になりませんでした……。
いろいろ御無礼や失言をはたらいた記憶があり、あんまり思い出したくありません。
風物詩とはいえ。ううううう。